グリモワールの契約者―終焉の騎士アルヴァレス

このページは約 2分11秒で読めます。

stars だから、あいつの笑顔を曇らせる奴らはみんな、俺がこの手でぶっ飛ばしてやる。

ごく平凡な高校生・鳴谷創也は夜の海辺でリゼットと名乗る少女と出会う。彼女は、異世界イルヴァリースについて記された魔法書を使う召喚士で、事故により町中にばらまかれてしまったそれを回収しているという。怪物に襲われ危機に陥ったリゼットを救うため、創也はリゼットの持つ魔法書に宿る魔神・アルヴァレスと契約を交わしてしまい……。

ボーイ・ミーツ・ガールな始まり方の割に無力かと思われていた主人公・創也ががんばるお話でした。というか、リゼットが意外に打たれ弱いというか、後半へこみまくりだったのでなおさら創也の活躍が映えているというか。

魔法書から召喚される巨大ロボットバトル! 燃えるぜ!! とまで行かないのが残念なところですね。世界観の解説や、舞台を整えることに結構な文量が使われているせいか、事件が起こってから解決までやけにスピーディだった印象があります。リゼットのライバルキャラであるミレイや有能であるはずの上司・ヨーコとか顔見せ程度でいまいち見せ場がないのがなあ。まだまだ物語は続くようなので、多対多なバトルになればそれぞれ活躍してくれそうですが。

敵役の正体はさもありなん、というくらいに分かりやすくにおわせてましたねー。大物ぶるわけでも、単純に踊らされていた感でしたね。創也にぶちのめされる展開はすかっとしますが、敵方としてはちょっとキャラが弱かったように思いますね。

創也とリゼットの協力関係がこれで終わりでなくまだまだ続くわけで、二人が揃わなければアルヴァレスが全力で戦えないという縛りは今後生きてきそう。有能でありながらも、弱点の多そうなリゼットと、そんな彼女を支えようと決めた創也の関係がこの先どんな風に変わっていくのでしょう?

hReview by ゆーいち , 2009/04/19

グリモワールの契約者―終焉の騎士アルヴァレス

グリモワールの契約者―終焉の騎士アルヴァレス (電撃文庫)
樹戸 英斗
アスキーメディアワークス 2009-03-10
Amazon | bk1
スポンサーリンク

One Trackback to グリモワールの契約者―終焉の騎士アルヴァレス

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) 2009年5月7日 at 1:41:50

グリモワールの契約者〜終焉の騎士アルヴァレス〜の感想レビュー(ライトノベル)

電撃文庫のラノベ、『グリモワールの契約者 終焉の騎士アルヴァレス 』(樹戸英斗先生原作、ゆーげん先生イラスト)が発売中です。

表紙はヒロインのリゼットと、サブタイトルにも…

0 Responses to グリモワールの契約者―終焉の騎士アルヴァレス