ROOM NO.1301 #11 彼女はファンタスティック!

このページは約 2分51秒で読めます。

stars 可哀想な娘を守ってあげたいという気持ち。それはきっと愛情ではなく同情だよ。

冴子が倒れた。それは1年前の奇跡が終わりを告げることの報せだった。出会った頃の彼女が告げた言葉の意味を、健一はようやく理解する。唐突な別れと喪失感に自失する健一。そんな健一と多くの時間を過ごした13階の住人たちは、それぞれの道を選び、旅立ちを決意する。そんな住人たちの姿を見、健一は……。

後日談で何もかも持って行かれた!!

ええ、なんですかこのエピローグは(笑) 冴子との別れを機に、自分の内面と向き合い、そして13階で共に過ごした仲間たちと対話し、それぞれの方向へ歩み出したかと思ったら、この結末ですよ!

どこまでも心の広い健一の彼女さん・千夜子さんはある意味最強ですが、健一とのぶつかり合いを経ても、その慎ましやかな関係と距離感は時間が経っても変わらないって? それはそれで、お互いが同意してる感じで選んだ関係ではありますが、やっぱりどこか私が思っている、一般的な(ああ、こういう型はめな語だと語弊があるかもしれないけど)恋人関係とは字面通りではない形に収まってますね。

それは、作中で過ごした13階のメンバーとの再会が困難であるという不思議なジンクスに裏付けられた、消去法的な関係の維持にも思えますが、それでも後日談でそのお約束すらが覆されたシーンが描かれたわけで、語られないエピソード的に、これからも健一と周囲の彼女さんたちのお話はこじれ絡まり、また解け続いていくような感じがしましたね。というか、永遠の別離と思われていた別れが、割と頑張れば再会できるんだという程度だったのが驚きだったり。

まぁ、そんな感慨も、最後の最後の蛍子との会話で明後日の方向へうっちゃられたような気がしないでもないのですが。あの親にしてこの子あり、なのか、親がなしえなかったことを、その無念と応援を受けて、子がなしえたという、「何を」を語らなければある意味大勝利なんですが、これは……すごいなあ。健一と千夜子の関係が恋人ならば、健一と蛍子の関係は愛人とでも言いましょうか。恋と愛の言葉の重みがそのままふたりの関係に反映されてるような、これまたひと味違った繋がりですよね。

これを客観的に見てハッピーエンドというかどうかは判断保留で。でも、ま、当事者たちが幸せっぽいので、この世界は、物語は大団円だったんじゃないですかね。

hReview by ゆーいち , 2009/04/25

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ROOM NO.1301 #11 彼女はファンタスティック!

Still quiet here.

Comments are closed.