ダンタリアンの書架〈3〉

このページは約 2分14秒で読めます。

stars 禁忌の知識を書き記した幻書はこの世に在らざるべき存在だ。幻書を見守る読姫と、鍵守も。それら全てを焼き尽くすために焚書官は存在する。

いつになく荒れるダリアンの理由は、読み終えたばかりの流行小説の最終刊となるはずの第3巻が存在しないがゆえだった。作者の死亡により物語の結末を見ることは叶わない。しかし、そんなヒューイの元に、件の作者、レニー・レンツから助力を求める手紙が届いて……。そして、幻書にまつわる物語は、鍵守と読姫を焚書官へと巡り合わせる。

ダリアンがどんどんと幼年化していっているような!? いや、かわいいんですけどね。

今回はかなり軽いテイストのお話が含まれていたりして、重苦しい印象はどこかへ飛んでしまったかのような。いや、最初のエピソード「換魂の書」のお話とかは行き過ぎたファンの憧れの暴走とかミザリーさながらのホラーですが、業の行く先が割とお約束だったのでそんなに救いがないわけでもないのかなあとか。

他には「魔術師の娘」のオチに思い切り脱力したり。いや、こういう報われなさは、ある意味男としての落涙を禁じ得ないものが……。そうだよね……そういう展開だってあるよね。それまで必至に戦ってきた男たちの情熱の行き先はどこーー!?

そして、意味深な登場をしつつも前巻では存在を忘れられていたかのような扱いの焚書官がついにヒューイたちと遭遇。やたらとシリアスな過去を背負っていて並々ならぬ憎しみをふたりに向けてくる焚書官・ハルだけれど、その対決の行方はなんともはや。お互いの抱えている使命の方向性が見事に交わっていないせいかのあしらわれ方ですが、ここだけみると、どこか抜けた部分があるような愛嬌も感じてしまいますね。

雪辱に燃えるハルが再びヒューイたちに相まみえる日はやってくるのでしょうか? その時は問答無用な対決に発展しそうですが、はてさて……。

hReview by ゆーいち , 2009/05/09

ダンタリアンの書架3

ダンタリアンの書架3 (角川スニーカー文庫)
三雲 岳斗
角川グループパブリッシング 2009-05-01
Amazon | bk1
スポンサーリンク

2 Trackbacks to ダンタリアンの書架〈3〉

ゆーいち
ゆーいち 2009年5月9日 at 10:22:33

更新したよ! : ダンタリアンの書架〈3〉 http://www.u-1.net/2009/05/09/1773/

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) 2009年5月9日 at 22:40:28

ダンタリアンの書架3巻の感想レビュー(ライトノベル)

角川スニーカー文庫のラノベ、『ダンタリアンの書架』(三雲岳斗先生原作、Gユウスケ先生イラスト)の3巻が発売中です。

表紙は勿論ダリアン。
主人公であるヒューイと、ヒロイン…

0 Responses to ダンタリアンの書架〈3〉