女帝・龍凰院麟音の初恋〈3〉

このページは約 3分で読めます。

stars 勝負だ、月見里悠太くん。天王寺翔の名に賭けて、きみを倒す! どちらが麟音さんに相応しい男かをハッキリさせようじゃないか!

恋人お試し期間継続中の悠太と麟音の前にひとりの少年が現れた。かつての麟音の婚約者で、彼女が書いた小説の主人公・カケルにそっくりな彼の名は天王寺翔。麟音を賭けた勝負を翔から挑まれた悠太は、あんまりやる気がないけれど、負けっ放しではいられない。突如現れたライバルによって、ふたりの仲は裂かれてしまうのか!?

……あれ、なんか2巻のラストと話が続いてないような気が? まぁいいや。

相変わらず(作者的に)ノリノリなシリーズ。フリーダムさに拍車がかかって好き放題やってる感がひしひしとしますが、フォントいじりとかはちょっと反則気味な気がするなあ。というか、さすがに3巻も続いてくると、主人公・悠太のテンションがやや食傷気味になってくるというか。相も変わらずおっぱい! おっぱい! と己が欲望に忠実なのはある意味潔いともいえますが。

生徒会長で麟音のライバル的なお嬢さま美麗さんへのフラグを知らぬ間に立ててしまった悠太。けれど、自分の分をわきまえてるのか、空気が読めてないのか、彼女からのアプローチを冗談半分に受け止めてるあたりはラブコメ主人公らしい鈍感さ。自分の好みの属性どストライクのくせに、ここぞというところで尻込みをしてるあたりややヘタれ。一気に押せ押せな迫り方をすればあっさりと陥落しそうなだけにもったいないぞおおおお。や、今回のお話は、美麗さんのオトメさがなんとも可愛らしく思えてくるので。

一方の麟音も、これまたテンプレな反応してくれちゃってまあ。あるいは恋のライバル出現というシチュエーション自体に酔ってしまって自分の気持ちを失念したかのよう。分かりやすい恋の障害的存在として登場した翔の表裏ある態度と真意も、結局は麟音と悠太の仲を深めるだけの役割でしかなかったわけで。

お互い対外的にはお試し・嫌々・仕方なしという言い訳でもって取り繕って恋人ごっこを続けてるわけですが、そんな関係も嘘から出た誠的に本当のものに変わって行かなきゃいろいろ困るのですよ。ってか、ハタから見てるとすんごい遠回りだよなあ。もはや、失われた記憶がどうとかいうよりも、お互いが離れがたくなってる現状、恋人同士と呼ばずになんと呼べと?

まぁ、そんな煮え切らないふたりにまたしても波乱が訪れるのか。非モテ非モテいわれてるような悠太にこれだけフラグが立ちまくること自体、矛盾してるような気もしますが、大小恋の障害乗り越えて、予定調和的な結末を目指してラブってコメっていってほしいものです。

hReview by ゆーいち , 2009/06/06

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 女帝・龍凰院麟音の初恋〈3〉

Still quiet here.

Comments are closed.