機械じかけの竜と火焔の翼

このページは約 3分7秒で読めます。

stars こうやって俺とお前が会ったのも、お前の星の強さゆえかもしれない。俺がお前に機会を与えてやる。

選ばれた者のみが動かすことのできる機巧鎧・エリュシオンに乗り、リュクサリア軍の旗印となったイアン。王都奪還に向け進軍する中、思わぬアクシデントにより妹姫・フランシスカとともに本隊からはぐれてしまう。一方、リュクサリア軍を迎え撃つ形となったオルガンドは、兄殺しの異名を持ち恐れられる第三王子・ダジェスの招致を決定していた……。

偽の王子として担ぎ上げられることになったイアンの本格的な戦いはこれからだ! 素性を隠し、真実を知る人間には必要とされつつもその不本意さから辛く当たられ、逆に何も知らない妹となった神子姫・フランシスカの無垢な信頼が重荷となるという、行くも帰るも過酷な運命。というか、もはやここまで来たら戻ることもできず、ただただリュクサリアの王都奪回のために戦うしかなくて。

イアンの置かれた境遇は奴隷だった頃から生活の質自体は大きく改善されてはいるものの、そもそも貴族という彼からしてみれば別の生き物のようなひとびとの中に突然放り込まれて、満足に王子役をこなしてみろというのが無茶なことで、その気疲れとか場違いさから来る劣等感だとかは抱いたとしても誰も責められないよなあ。むしろ、そんな状況を作り出さざるを得なかったファウラーやヴィクトのフォローの適当さといったらもう……。

そして、王都奪還という最大の目標に向かって突き進むはずのリュクサリア軍も、トップである五公たちのプライドのせいで戦闘の前に大きな困難に巻き込まれたり。いきなり本隊と分断されたイアンが出会ったのは、宿敵であるオルガンドでも名高いダジェス王子。兄殺しの異名を持ちつつも、彼の語る信念にはぶれがなくて、小さな共通点を持ちながらも、心の在り方が正反対なふたりに思えましたね。黒い牙・マンフレートとともに、イアンの前に立ちはだかる強敵として今後、何度も剣を交えることになりそうな予感。

二国間の戦いに静かに介入することとなる「工房」の目的も今ははっきりとしませんね。パーシヴァルの冒頭で見せた好戦的な態度と、終盤、友軍として登場した際に見せた態度のギャップが何を意味するのやら。今は頼もしい味方でも、どこかで牙を剥いてくるんじゃないかという不安がぬぐえませんね。

そして始まる大きな戦い。盛り上がりを見せる直前で終わってしまうというのは続刊前提でやる分にはいいんでしょうけれど、ここで待たされるのかあ、という気持ちもありますね。今回は今後の展開のための下準備的な位置づけなのか、大規模な戦闘とかは行われず燃え分不足な感じもしたので、次巻はその分、派手な戦闘シーンなども期待したいですね。

hReview by ゆーいち , 2009/07/08

機械じかけの竜と火焔の翼

機械じかけの竜と火焔の翼―双竜記〈2〉 (電撃文庫)
安彦 薫
アスキーメディアワークス 2009-06-10
Amazon | bk1
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 機械じかけの竜と火焔の翼

Still quiet here.

Comments are closed.