とある飛空士への恋歌〈2〉

このページは約 3分17秒で読めます。

stars いくら神さまが残酷でも、なにも悪いことをしていないわたしに、そんな酷い仕打ちをなさるはずがない。いくら神さまが残酷でも――そんなふうに人の運命を意味なく弄んだりはしない。

遠大な目的のため、終わりの見えない旅を続ける空飛ぶ島・イスラ。カドケス高等学校飛空科で再会を果たしたカルエルとクレアは、これからともに送る学校生活に心躍らせる。しかし、ふたりは知らないでいた。カルエルがかつての皇子・カールであることを。そして、クレアがカルエルにとって憎むべき仇・ニナ・ヴィエントであることを。皮肉な出会いを果たしたふたりは、回り出した運命の歯車の音に気付かないでいた。

学園編スタート。前巻がまるまるカルエルの回想に費やしたエピソードだったのに対して、ここからようやくこの物語が始まる感じですね。

因縁深いはずなのに、それに気付かず、惹かれ合っていくカルエルとクレア。クレアの方はカルエルの正体におぼろげながら気づき、その先に待ち受けているであろう拒絶と憎しみの感情に恐れを抱いていますが、一方のカルエルは色ボケしたのかクレアが憎きニナ・ヴィエントであることなど想像だにしていない様子。ヘタれヘタれとアニーにバカにされつつも、彼の奥底に燻っている憎しみの炎は決して消えることはなくて、真実を知ったときにこそ、彼はクレアへの想いを憎しみに変える以上に、彼自身をそのような運命へと導いた神へこそ、その呪いをぶつけるような気がしますね。

とはいえ、イスラの道程はまだ始まったばかり。大きなトラブルも起きず、学生同士の特権意識に基づいたいざこざはあれども、おおむね順調なその旅路。旅行気分と新生活に浮かれている学生たちの楽しさがこれでもかと描かれていますね。というか、アリーメンの描写はギャグですよね……(笑) ここまで至高にして究極な美食具合は、逆に人知を越えた料理に思えて仕方がないのですが。この辺のノリは、シリアス一辺倒だった前作の『追憶』よりは、むしろ『レヴィアタン』の日常パートに近いノリですね。某キャラもなぜか顔を出してますし、この辺、両作を知っているとニヤリとできるサービスなのかも。

しかし、そんな和気藹々の学生生活を吹き飛ばすような急展開で以下次巻。いやぁ、未知の勢力との遭遇、そしてこれまで知らなかった新たな世界が開ける驚きが詰まったエピローグでしたね。そして、ここで『追憶』との世界観のリンクが活きてくるとは。時間軸的にはあの国が発見されていないって段階で『追憶』の前の時代になるのかなあ。西と東の大国が争っているという設定は本作にはないようだけれど、果たして?

果ての世界を見つけるという目的の前に突如立ちはだかる敵対勢力。未熟な飛空士見習いたちを抱えたイスラは戦力的に心もとなさそうですが、ここから一気に空戦の物語へと突入していくのでしょうかね。カルエルたちの関係の行く末とともに、イスラの旅の行く末も気になります。

hReview by ゆーいち , 2009/08/17

とある飛空士への恋歌 2

とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)
犬村 小六
小学館 2009-07-17
Amazon | bk1
スポンサーリンク

One Trackback to とある飛空士への恋歌〈2〉

萌えレビュ!
萌えレビュ! 2009年8月19日 at 1:25:50

『とある飛空士への恋歌』2巻の感想レビュー(ライトノベル)…

ガガガ文庫のラノベ、『とある飛空士への恋歌』(犬村小六先生原作、森沢晴行先生イラスト)の2巻が発売中です。

表紙は主人公のカルエルを挟んで、義妹のアリã…

0 Responses to とある飛空士への恋歌〈2〉