僕は友達が少ない

このページは約 3分24秒で読めます。

stars これはそんな残念な部活に集う残念な連中の、開始十ページにしてヒロイン二人がゲロを吐くような、とても残念な日常の物語――……

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、いつも美少女だけれどいつも不機嫌にしているクラスメイトの三日月夜空が、ある日ひとりで楽しげに話している様子を目撃する。超常現象的な何かが見えるのかという問いに、エア友達と話していただけという斜め上の返答をよこす夜空。ふたりはどちらも友達がいないというそれなりに深刻な悩みを抱えながらもどうすればいいかわからない。しかし、小鷹の些細な言葉から、夜空は友人を求めている人たちを集める部活『隣人部』を立ち上げて……。

リア充に死を!

……でもちょっとウラヤマシイ……。

そんな友達の少ない(グサァッ!)残念な連中が作り上げた残念な部活『隣人部』の残念な日常をこれでもかと描くお話。

前シリーズの『ラノベ部』もそうだったけど、こういう日常系のお話は共感できるかどうかでかなり評価が分かれてきそうだなあ。まぁ、こんな残念で愉快な連中とはついぞ知り合ったことはないのですが、彼らの抱えている友人が少ない事への後ろめたさや、充実した毎日を送っている他者への羨望の気持ちとかは分からないこともなかったり。

友達ホイホイ的な思い付きで立ち上げた『隣人部』、冒頭のエピソードを見るとまだまだ人数は増えていくような感じ。今回は、コワモテ転校生で距離を置かれている主人公・小鷹と、エア友達と談笑する夜空や、お嬢さまだけど友達がいない星奈、邪気眼妹な小鳩、たくましい男にあこがれる女装少年・幸村と、まぁ、これだけでも残念な連中がこれでもかと登場していますが、まだ何人か名前だけの登場なお方がいらっしゃるようで。徐々に魔窟と化していく隣人部の部室の中で繰り広げられる非常にアレげな日常という名の非日常は、そのパロネタと相まって、やっぱりコメディとしてはなかなか上質な感じがしますね。

やや自虐的に、これまたひとによってはトラウマをぐりぐりと抉られる思いがしないこともないかもしれませんがねっ!

夜空と小鷹の幼少時代の思い出とかが、因縁めいた再会を演出していますが、1巻の雰囲気からするといじられっぱなしの肉こと星奈さんの方がヒロインめいてるような気がしますね。小鷹が妙にフラグを立てているような気もしますが、その意味にお互いが気付かないあたり、対人スキルがまだまだだなあという感じも。まぁ、いろいろといじられまくって半泣きになる彼女の姿がやたらと楽しいというのもあるのですが。

さてさて、ハタから見ればすでに友達関係になっているこの奇抜な部活の奇妙な部員たち。メンバーが本当に望んでいる友達関係というのがどんなものなのかとか、目的が手段化しているんじゃないかというツッコミは当然あれど、そうやってわいわいと乾いた毎日に他者との会話という潤いを与えてくれるオアシスのような空間で、これからどんな悲惨な笑いが巻き起こるのか、楽しみですよ。

hReview by ゆーいち , 2009/09/27

僕は友達が少ない

僕は友達が少ない (MF文庫J)
平坂 読
メディアファクトリー 2009-08-21
Amazon | bk1
スポンサーリンク

One Trackback to 僕は友達が少ない

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) 2009年9月27日 at 21:42:59

『僕は友達が少ない』の感想レビュー(ライトノベル)

MF文庫Jのラノベ、『僕は友達が少ない』(平坂読先生原作、ブリキ先生イラスト)が発売中です。

表紙はヒロインの夜空と主人公の小鷹。
良い感じに上から目線の夜空と、それに振…

0 Responses to 僕は友達が少ない