氷結鏡界のエデン 楽園幻想

このページは約 3分46秒で読めます。

stars ようこそ。穢歌の庭エデンに堕ち、そして浮遊大陸オービエ・クレアへと昇り帰った者よ。千年、凍てついた楽園がお前を待っていた。

氷結鏡界のエデン 楽園幻想(書影大)

凍てつく大海の遙か上空に浮かぶ浮遊大陸オービエ・クレア。そこは幽玄種と呼ばれる存在に、絶えず脅かされ続ける世界。幽玄種の侵攻を結界により防ぐ巫女の役目を負うユミィはただひたすらにひとりの少年を待ち続ける。かつて共に在り、そして果たせぬ約束を交わしたまま別たれてしまったシェルティスを。

そして紡がれるは新たな歌の物語

黄昏色の詠使い』から間を置かずスタートした新シリーズ。前作のあとがきで思わせぶりな予告をしていた内容に違わず、なるほど、この世界も前作の設定・世界とリンクした部分を伺わせるギミックに満ちているようですね。共通する言葉が出てきたり、前作ラストのアマリリスが紡いだ言葉でその存在がほのめかされていた世界が舞台になっていたりと、根本的な部分でつながっていたりするのかな。

それはそれとして、お話的にはこの作者の十八番芸的な美しさに満ちた流れですね。約束でつながれたふたり、だけれど運命に引き裂かれたふたり。一番近くにいるはずなのに、決して触れあうことができないという、想いは届いていてもそのぬくもりを感じることさえ許されないという枷が、ふたりの関係を切ないものにしていますね。世界を護るという大役を背負わされ、自分の心の安らぎを得ることさえ許されないかのようなこの境遇。だからこそ、望まぬまま別れ、長い時間の中で互いへの想いを降り積もらせ積み重ねていったユミィとシェルティスの再会へ至るまでの流れがとてもきれいに映るのですね。

お話的にはこれから始まる壮大な物語のプロローグ的な位置づけなんでしょうね。世界観の説明やら、登場人物たちの顔見せやら、お話の風呂敷をどんどんと広げていってるような印象でした。説明部分が説明部分という風に分かってしまって、お話の流れと浮いているような印象はやっぱり今回も健在で、重要度の低い部分とかはぼかしたりさらりと流してくれたりしても良いのかなあとか思っちゃいますね。まぁ、前シリーズ読んだりしていると、すんなり受け入れられる部分とか共通項的な部分とかを感じたりするのでまたかと思ってしまうのかもしれませんが。

バトル分多めで、主人公TUEEEEE! な展開を見せ、シェルティスたちの活躍をわくわくしながら読めましたね。のっけから超人揃いで、人ならざる幽玄種との戦いの過酷さ苛烈さをアピールしてますが、規格外の主人公だと戦いの緊張感というものはこれからこそが本番といったところでしょうか。

巫女と、それを護る千年獅という何よりも強い絆を紡ぐための物語の始まり。誰よりも近く誰よりも遠いユミィとシェルティスの想いが、『第七天音律ソフィア・コード』と『第七真音律エデン・コード』というふたつの歌とともに紡がれていく物語。凍てついた世界で広がっていく暖かな物語の始まりに期待が高まります。

hReview by ゆーいち , 2009/11/08

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 氷結鏡界のエデン 楽園幻想

Still quiet here.

Comments are closed.