ラッキーチャンス!〈6〉

このページは約 4分23秒で読めます。

stars よく分かったよ。二ノ宮さんという本当に凄い人を“好き”になるためには自分も最低限、同じような舞台に立たなきゃいけないって。

久々にやってきた大凶運で、家もお金もすべて失ってしまった、“ごえん使い”の雅人と福の神キチ―。「家がなくなったのならうちに来ない?」そんな雅人のもとに、二之宮良子と天草沙代の二人からメールが届いた。二之宮良子は大富豪。天草沙代は霊能力者の名家。いやそんなことより、二之宮さんはとっても可愛くて憧れの人で、天草さんもなんか最近いろいろ心配してくれてほんとに優しい女の子だし…。悩みまくる雅人と、それをじと目で見つめるキチ。そこに突然、校長のサモン=時二郎からSOSの連絡が!果たして、雅人の決断は!?ハッピーラブコメ第6弾。

その“好き”をほんとうにするために

だらだらと続いてきた雅人の、キチと出会ってからもたらされた愉快で賑やかな日々が大きく動き出す、そんな予感を抱く第6巻。

いよいよ、というかようやく雅人自身の物語が始まるのかなあ。キチとの出会いで不幸漬けの日々から脱出できたかと思いきや、それとは逆に始まるラブでコメな日常。ほのかに思いを募らせていた二ノ宮さんしかり、キチとの出会いで縁が生まれたことでつながりを持った沙代やトト、もちろんキチたちとの関係も、これからぐんぐんと動いていきそうな雰囲気ですね。

第1章からして、雅人の嬉し恥ずかし女体地獄なエピソードかと思いきや、彼が忌避する実力者の姫君の顔見せだったりして、その終盤からシリアス分増量。続く沙代の幕間のお話で、雅人とキチの因縁めいた関わりがほのめかされたかと思ったら、とどめとばかりに第2章では二ノ宮さんの本気モードが出現。

この作品、女の子の力が、気持ちが、雅人を圧倒するようなシーンが随所に見られますが、二ノ宮さんに流れる血が覚醒したことで雅人に与えられたインパクトは、単なる畏怖だけではないようで……。

自分が抱いていた少女への気持ちが好きという対等の想いなどではなく、あこがれや崇拝といった、手の届かないものへと抱く、もしかしたらその気持ちを向けられる本人にしてみれば失礼極まりないかもしれない感情だったということに、ここにきて気づく雅人。そして、その気持ちを“好き”へと変えるため、はるか天上の彼女と対等にならんと決意を固める雅人。自分の実力を眠らせ、腐らせ、天敵ともいえる姫君をもあきれさせてしまった彼がここに来て見せる本気。遅まきながら火のついた主人公の、本当の力が発揮される日は遠くないのかもしれませんね。

しかし、こうなってしまうと、雅人と二ノ宮さんの間に他の子の気持ちが入り込む隙がどれくらいあるのか気になってしまいますね。逆に考えれば、雅人が本気で好きだと思っている子は現時点では誰にも固まっていないわけで、そのリセットされた気持ちをどうやって自分へと向かせるのか、少女たちの奮闘にも期待が高まったりしますね。

けれど、恋のライバルとして張り合ってくれそうな沙代は、今回のラストで大変な目に遭わされているような。普通なら容赦ない仕打ちに壊されてしまいそうな展開ですが、さすがにそこまでハードなお話は持ってこないですよね? ね? そうしたらそうしたで、ある種伝説となりそうな気もしますが、沙代編となるような次巻、この引きからどんな展開を見せるのか気になります。

あと、地の文で二之宮さんと表記されている彼女が、雅人が言うときは二ノ宮さんってなる理由ってどっかに書いてありましたっけ……? 何か意味があるんだろうけれど。

hReview by ゆーいち , 2010/02/12

ラッキーチャンス!〈6〉

ラッキーチャンス!〈6〉 (電撃文庫)
有沢 まみず
アスキーメディアワークス 2009-12-10
スポンサーリンク

One Trackback to ラッキーチャンス!〈6〉

ゆーいち
ゆーいち 2010年2月12日 at 21:15:20

更新したよ! : ラッキーチャンス!〈6〉 http://www.u-1.net/2010/02/12/2056/

0 Responses to ラッキーチャンス!〈6〉