2009 年下半期ライトノベルサイト杯 へ投票します

このページは約 6分2秒で読めます。

半年に一度のお祭り騒ぎ的なラノサイ杯。今回もぎりぎりまで投票を遅らせるわ、そもそも昨年後半はまともに読めていないわ感想書けていないわで微妙にテンション低いのですが、なんとかピックアップが間に合いましたので投票します。

見事なまでに既存作品部門しか挙げられなかったあたり、新規開拓できてないなあと思いつつ、その辺は集計が出てから良さげなのを読んでみればいいよねってことで。

IS〈インフィニット・ストラトス〉[シリーズ感想]

美少女とメカの組み合わせはなんと萌えるものやら。そしてハーレム。

萌えにやや偏重しているものの、しっかり燃えのシーンを見せてくれますね。テキストがゲームに使われるそれっぽい感じがするのは作者の経歴を見れば納得。この作品の雰囲気にはこれくらいのさくさくとしたテンポの良い文章があっているように思います。

円環少女 [シリーズ感想]

物語の熱量に圧倒されるばかり。メイゼルの過去が明らかになった10巻は、その生き様と背負わされた運命の重みに震えが来ました。ストーリーも折り返し地点を過ぎ、いよいよ収束へと向かっていくような雰囲気ですが、地獄と呼ばれる地で生き続ける魔法使いたちと何も持たない人間たちがどんな終幕を描いてくれるのやら。

さよならピアノソナタ [シリーズ感想]

番外編にして後日談となる『~ encore pieces』もとくと堪能させてもらいました。さよならを経ても音楽を通してつながり続ける4人の姿が、アンコールにふさわしく心に残りますね。なんだかずっと投票し続けてるけど、大好きな作品です。

されど罪人は竜と踊る [シリーズ感想]

角川版に引き続き最大級の絶望を投下してくれたシリーズ屈指のエピソードがついに登場。繰り返される悲劇を回避することもできず、変えられない運命に翻弄される登場人物たちの物語。そして、ここからようやく、本当の続きが始まるのかと思うと、いったいどんな未来が待っているのやら、期待と、それ以上の恐れを抱かざるを得ません。

シャギードッグ [シリーズ感想]

生きるということ、戦うということ、そんな原始的な問いに答えを出そうかとするようなサイバーパンクな物語。2巻以降の刊行が遅くてやきもきさせられましたが、続けて発刊された3巻・4巻をもって、大介の苦悩と自信の意義に解が与えられる展開に燃えました。そんな主人公を支え見守るおとなたちの姿もほれぼれしますね。爺、かっこいい。

聖剣の刀鍛冶 [シリーズ感想]

セシリーたちの眼前に迫る覆しようのない敗北という絶望。ここからどうやって挽回するのかと思いきや、それを成したのは主人公たる役割を与えられた彼女たちだけでなく、そこで生きるすべてのひとびとの結集された力。そんなたくさんの力に支えられ、ヒーローとなり、成長していくセシリーやルーク。絶体絶命の窮地からの挽回だからこそ輝く姿をこれでもかと描いてくれましたね。

戦う司書と絶望の魔王 [シリーズ感想]

1月に無事に最終巻が出ましたが、そこに至るまでに緻密に積み上げられてきた伏線の回収がお見事です。誰も彼も無駄な生き様のないひとびと。それはかつての英雄が世界を滅ぼすに至るまでの遙か昔にまでさかのぼり……。誰に求められないと思われていた世界の終焉を回避するための最後の光、それが「彼」だったという事実に驚愕させられたものです。

テスタメントシュピーゲル

オイレンとスプライトで平行していた物語が一つに統合。多数の登場人物たちによって練り上げられてきたストーリーが収斂していく様に圧倒されっぱなしですね。過酷な運命を背負わされ、あるいは歯車のようにこの世界を作り上げさせられてきた子供たちが真実へたどり着こうとしているとき、牙を剝き襲いかかる過去という変えがたい重みにつぶされまいとあらがう姿が壮絶です。

とある飛空士への恋歌 [シリーズ感想]

ロミオとジュリエットはどこへ? と思わされるような容赦ない空戦が切り広げられる3巻にして、この物語の行方が見えてきたような気がします。カルエルとクレアの恋の行方もさることながら、この世界の謎へと迫っていくという流れにもわくわくさせられますね。そして絶え間ない戦いと、『追憶』とのリンクがさらに行く末を気にさせます。

葉桜が来た夏 [シリーズ感想]

ついに完結。5巻という割と短い巻数でもって、きれいに完結してくれました。学と葉桜の関係がここに来るまではっきりせず煮え切らない感じを抱かされましたが。その辺もきれいに解決。それ以上に、力も何もない主人公たちがあらゆる手を尽くして政治というステージで世界そのものと戦う。異種族というどうしようもない断絶の間で回り続ける歯車を壊そうと足掻く姿が緊張感たっぷりに描かれていました。

投票コード

以上の作品を集計用ページへTrackbackします。

  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784840130868】
  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784044267124】
  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784048680783】
  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784094511659】
  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784797356687】
  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784840130288】
  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784086304948】
  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784044729097】
  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784094511772】
  • 【09下期ラノベ投票/既存/9784048680790】
スポンサーリンク

One Trackback to 2009 年下半期ライトノベルサイト杯 へ投票します

ゆーいち
ゆーいち 2010年2月13日 at 12:54:34

更新したよ! : 2009 年下半期ライトノベルサイト杯 へ投票します http://www.u-1.net/2010/02/13/2062/

0 Responses to 2009 年下半期ライトノベルサイト杯 へ投票します