2010年上半期ライトノベルサイト杯 へ投票します

このページは約 5分19秒で読めます。

今年に入ってから読むペースががくんと落ちて、シリーズもの以外の新しい作品の発見がなかなかできていないのですが、そういった意味では今回のラノサイ杯の結果には注目しているのですよ。

さくら荘のペットな彼女 [シリーズ感想]

凡人が天才のまばゆい輝きに悩み苦しむお話。テーマは重めなのに、登場するキャラクターが変人ばかりなのでそこまでヘヴィなストーリーじゃないのがふしぎ! 主人公の空太の全方位ツッコミが今日も冴え渡るのです。

藍坂素敵な症候群 [シリーズ感想]

かわいらしいイラストに惹かれて買ったらだまされる作家ナンバーワンかもしれない水瀬葉月の新シリーズ。『C3』よりも黒さが増してる感じでとても美味しくいただけるのです。

戦う司書と世界の力 [シリーズ感想]

物語がここに収束する。最終巻らしい最終巻ですね。ここへいたるまでに語られたストーリーすべてが伏線となって大きな力が世界を救うという。最初から最後までだれることのない全編クライマックスの展開でした。いい最終回だった!

円環少女 [シリーズ感想]

物語もクライマックス。これまでストーリーの中心にいながら、無力で守られ流されるだけでいたきずなが否応なしに戦いの渦中にたたき落とされる容赦ない展開。変革される地獄と呼ばれた世界の未来を決める時が目前に迫る予感です。

ハイスクールD×D [シリーズ感想]

なにはともあれおっぱい。おバカも突き抜ければその熱さに圧倒されるという希有な例かも。主人公のイッセーが着実に成長していくのがわかる反面、彼の評価がだだ下がりになりつつあるというのも笑えますね。むやみやたらなストーリーのインフレがなんとも少年漫画的で楽しいです。

僕は友達が少ない [シリーズ感想]

隣人部の面々がうらやましくなんてないんだからね!

ある秋の卒業式と、あるいは空を見上げるアネモイと。 [シリーズ感想]

まさかの続編。優しいけれど切ないお話です。思いっきり続いてるんで、続巻が待ち遠しいですね。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない [シリーズ感想]

アニメ化も決まってイケイケのシリーズですね。桐乃の渡米ですわヒロイン変更か!? と思ったけれどそんなことはなかったんだぜ。学年も進み、新キャラ登場、黒猫の後輩化と京介の周囲がさらに賑やかになりつつ、嫌っていたはずのオタクにどっぷりとなりつつある彼の内面に共感したり苦笑いしたり。

世界平和は一家団欒のあとに [シリーズ感想]

見事な大団円。シリーズを通じて、主人公である軋人の成長がしっかりと感じられる芯の通ったストーリー。やきもきさせられていた彼と柚島さんの関係にもにやにやな進展を見せてくれての完結に大満足です。家族という最小単位の絆の強さ暖かさ優しさをこれでもかと見せてくれるすてきな作品です。

六畳間の侵略者!? [シリーズ感想]

健速乙。巻を追うごとに面白くなっていってるなあ。キャラの掛け合いとか、性格とかがとにかくツボで読んでいて楽しい作品なのです。ぷりちー!

投票コード

以上の作品を集計用ページへTrackbackします。

  • 【10上期ラノベ投票/新規/9784048684637】
  • 【10上期ラノベ投票/新規/9784048685450】
  • 【10上期ラノベ投票/既存/9784086305273】
  • 【10上期ラノベ投票/既存/9784044267131】
  • 【10上期ラノベ投票/既存/9784829135006】
  • 【10上期ラノベ投票/既存/9784840132527】
  • 【10上期ラノベ投票/既存/9784758041478】
  • 【10上期ラノベ投票/既存/9784048685382】
  • 【10上期ラノベ投票/既存/9784048686044】
  • 【10上期ラノベ投票/既存/9784798600673】
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 2010年上半期ライトノベルサイト杯 へ投票します

Still quiet here.

Comments are closed.