官能小説を書く女の子はキライですか?

このページは約 4分1秒で読めます。

stars ……私、真一としかああいうことしたくない。真一だから、体験取材もできるの。

氷坂月は家族同然に育った俺の幼馴染み。家の事情で離れ離れだったが、この春から一緒に暮らすことになった。
でも久しぶりに会った彼女の様子がおかしい。電車内でいきなり俺の手を自分のお尻に押し付けたり、スクール水着で風呂場に乱入してきたり……。さらになぜか男子の制服着て、「男」として学校に通いだして……!? 保健体育の授業を聞いて気絶しちゃうような温室育ちのお嬢様なのに一体なんで……?
そして、そんな月を心配するあまり、ついに彼女が抱えている意外なひめごとを知ってしまった俺は――?
大和撫子で官能小説な女の子との、ギリギリひめごとラブコメディ。

いえ、むしろ大好きですが!

いやあ、これはどうなんだ(笑) オトコノコの妄想を思いっきりぶつけました的な嬉し恥ずかしなシチュエーションが盛りだくさん。でも、寸止め。えー、この展開なら最後まで行っちゃえよー、とか思うけれど、考えてみたらレーベルが電撃文庫だった。まぁ、あんまり過激にしてしまっても、出す場所間違えた勘違い作品とか汚名をかぶせられそうな気もするので、ほどほどが良いのかもしれませんが。

そういう意味では、えっちさが足りないと思います!

いや、美少女が官能小説を書く。でも、そっち方面の経験はさっぱりだから、勉強のために取材と称して少なからず思っている男の子を相手にあれやこれや、えっちなことを実地で体験するとか、もうね!? そんな、それなんてエロゲ? 的ヒロインの月と一つ屋根の下で暮らすことになった主人公・真一の秘密の共同生活を赤裸々に描いてみたりみなかったり。うん、このシチュエーションで、そういうお話書いたらきっと売れる。というか、そういう流れを期待していたんですよ、正直なところ。

性別を偽って月が同じ学校へ通うという無茶に振り回される真一。お互いに離れていても身近に感じていたくらいに近しいふたりだから、月の身に降りかかる性別バレの危機はなんとかかんとか回避しつつ、けれどもそんな危険を冒しても至る所で取材という名のいちゃつきを繰り広げおって、なんともけしからん。この寸止め感が、主人公の煩悩と連動しているようで、よくもまあ、ここまで自分を抑えることができるものだと関心ですね。一応、月の父親という歯止めが睨みを利かしてはいますが、これ、お互いのどちらかが踏みとどまることをやめたら行くところまで行っちゃいますよねー。初心な月自身も、彼女の目指す目的のためには、何も知らないままではいられないという使命感にも似た熱をうちに秘めているわけで。真一ならどんなことをされても許してしまう、そんな雰囲気がお話が進むにつれて漂ってくるのですよね。にやにや。

とはいえ、普通なら速攻でバレるだろう秘密をぎりぎりのところで隠しながら、男女の仲になりきれないまま危うげな行為に浸るという背徳感を存分に発揮するまでに、まだ状況が至ってないのかなあ。これ以上過激になるのもどうかという気がしますが、そういう方向でぎりぎりのところを見てみたい気もしたりして、悩ましいところですね。ぜひとも、作者氏にはそのぎりぎりを果敢に攻めて、お見事と思わせるような展開を見せていただきたいですね。

hReview by ゆーいち , 2010/09/07

官能小説を書く女の子はキライですか?

官能小説を書く女の子はキライですか? (電撃文庫)
辰川 光彦 , 七
アスキーメディアワークス 2010-08-10
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 官能小説を書く女の子はキライですか?

Still quiet here.

Comments are closed.