さくら荘のペットな彼女〈3〉

このページは約 4分33秒で読めます。

stars たぶん、空太は知っておいた方がいいと思います。今、そう思いました。ましろは圧倒的なんです。それはもう消えてほしいくらいに……です。

2学期初日。学園の変人たちの集まり『さくら荘』に、謎の金髪美少女が現れた。彼女の正体はイギリス時代のましろのルームメイト・リタで、ましろを連れ戻すためにやってきたという。
焦る俺をよそに、ましろは帰らないと突っぱねるが、どうやらリタは目的を達成するまでイギリスに戻るつもりはないらしい。しかもその夜、なぜかリタを俺の部屋に泊めることになってしまい……って、みんなそんな目で俺を見ないで!
さらに、騒動の最中、美咲先輩が文化祭に向けて寮のメンバーで作品作りをしたいと言い出して!? 変態と天才と凡人が織りなす青春学園ラブコメ第3弾登場。

いちばんちかくてとおいあなた

名前だけは何度か登場していた、イギリスでのルームメイト・リタが満を持して登場。二学期も始まり、文化祭でのゲリラ的作品発表のために動き出そうとする空太たちさくら荘に、またもや嵐の到来?

あちらでの「ましろ係」を担っていたリタと空太に通じるところはあって、似たもの同士と思いきや、ましろ以上に日本語を流ちょうに使いこなすリタに、空太の純情はもてあそばれまくり。う、ううう、うらやましくなんてないやい! 美味しい思いをしまくっているようでいて、忍耐が求められる禁欲的なさくら荘での生活はともすれば解脱して悟りでも開いてしまいそうですね! いや、全然本編と関係ないけれど。

文化祭制作に向けては、さくら荘の才能が一同に結集。姿の見えなかった龍之介も表舞台に現れて、これまでと変わらぬ、あるいはそれ以上の忌憚のないご意見で、空太たちの心をえぐるえぐる。今回は彼とリタの顔見せ的なエピソードでもあるので、物語の中心はそんなふたりなのかなあ。そして、あっけらかんとした性格で笑みを絶やさなかったリタが被っている仮面を見抜いたのも龍之介。他人に興味はないようでいて、その本質を見る目は確かなんだなあ。そうでなきゃ、空太を何気に気に入ってあれこれ助言したり、今回の制作にだって積極的に関わったりはしてこないだろうし。単に人嫌いで独善的で独尊な性格なんですね! うわぁ、嫌な性格。

一方のリタは自分の目的をはぐらかしつつも、彼女と同じ立場で苦しんでいそうな空太には、その本心の一部を明かしてみせたり。それは、これまでのお話でも、空太が感じ、悩んできた問題と同じ「圧倒的な才能」に照らされて、見失ってしまいそうになる自分の夢のこと。夢に向かって努力するのはいいけれど、その努力を義務と感じて、そうしなければと思った時点で始めた頃の楽しさが忘れられてしまうという怖さ。リタの嫉妬と、憎しみに近い気持ちを向けられたましろが、それを理解できないのはとても不幸なことだと思えるし、逆に、リタもましろが感じていた、一緒に絵を描くことの楽しさを忘れていたこともまた同じくらいに不幸なことだったと思えます。

常人とは別のいきもののようなましろだって、何かを作り上げる原動力に違いはないんだと、それを気づかせてくれた今回の騒動で、空太もまた感じ入ることはあったのではないでしょうか。

リタはリタで最後の最後まで騒動の種を蒔いていってくれるし。いったんはさくら荘から離れてしまった彼女ですが、短い時間とはいえ、同じ場所で過ごした彼女も、間違いなくこのおかしな住人たちの一員に数えられていることでしょう。再登場が待ち遠しいですし、そのときには、ましろの中に着実に芽生えている恋の芽吹きを目の当たりにして、驚く姿を見せてくれるんじゃないかと、そんな期待をしてしまいます。

肝心の制作はまだまだ先があるわけですし、次巻は修羅場と、新たな苦悩が見られるの、かな?

hReview by ゆーいち , 2010/09/09

さくら荘のペットな彼女〈3〉

さくら荘のペットな彼女〈3〉 (電撃文庫)
鴨志田 一 , 溝口 ケージ
アスキーメディアワークス 2010-08-10
    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to さくら荘のペットな彼女〈3〉

    Still quiet here.

    Comments are closed.