なれる!SE 2 基礎から学ぶ? 運用構築

このページは約 4分30秒で読めます。

stars 戦争? 上等ですよ。追い詰められた運用が何をするか見せてやります。工兵さん、一緒に戦ってください。この会社から構築の人間を根絶やしにしてやりましょう!

システム開発会社に入社し怒涛の4月を乗り切った桜坂工兵。彼が出会った同僚の姪乃浜梢は、小動物系でちょっと天然な気もあるかわいい女子だった。
しかし、システム運用担当の梢は、そのシステムを構築する工兵の見た目子供の鬼上司、室見立華と犬猿の仲で──。
「SE部は全力をもってOS部を撃滅し、その余力をもって顧客にあたる」
「ええ敵です。我々はSE部の人間を同僚と認めていません」
とあるモバイルゲームインフラを舞台に、工兵を板挟みにしつつ構築と運用の熾烈な戦いの幕が上がる!
SEの過酷な実態をコミカルに描くスラップスティック・ストーリー、第2弾!

構築 VS. 運用、嵐の決戦!!

SE の悲哀を描き一部で妙な人気を博したシリーズの第2弾。右も左も分からぬまま、ブラックな会社に見習いSEとして入社し、ちんまいけれど実力は確かな先輩・立華のスパルタ教育のもとで鍛え上げられていく工兵。ちょっとした修羅場を乗り越え、社会人としての世渡り的マナーをたたき込まれ、少しずつ成長していく彼の前に、新たな難敵が……?

って、身内じゃねーか!?

はい、今回は立華や工兵たちの属するSE部と、新キャラとして登場する梢の所属するOS部の根深ーい対立がテーマ。同じ会社にいながらも、あまりに違いすぎる価値観ゆえに犬猿の仲にして不倶戴天の敵同士である両部がとある案件を巡って激突を繰り広げる筋。いや、今回も笑えない人はきっと笑えない。胃が痛くなる人はきっと痛くなる。そんな内容ですね。今回巻き起こった騒動に身に覚えがあったり、まさにそんな渦中にいたりなんて本職の人はご愁傷様。当たり前に動いているシステムの背景には、血を吐くような運用の数え切れない犠牲があったのです……っ!

物語は工兵視点で進むので、やっぱり自分の所属するSE部の肩を持ちたくなるのでしょうけれど、こと、トラブルを引き起こすのがいろいろな意味で規格外な立華だったりすると、妄信的に彼女をフォローするわけでなく。立華と梢、構築と運用の両サイドから出てくるかみ合わない主張の、落としどころを探るなんて、これまた新人にはなんとも荷の重い役を請け負ってしまったり。両者の対立の原因がお互いへの不信という、なんとも人間的なものだけに、だからこそこれまで解決の糸口さえ見つけることができなかった立華と梢。その間に立つ工兵は、その過程はともかくとして、立華と梢、ふたりからのそれなりの信頼を得ていたことが不幸中の幸いでしたね。逆にいうと、彼という存在がなかったら、この対立はさらに激化していって、いつか取り返しのつかないような結果を招きかねかなったということだけに、何気に工兵は今回も良い仕事をしたということなんでしょう。

なんというか、技術的な部分では立華たちにまだまだ及ぶことなんて当然ないけれど、工兵は工兵として、すでにこの会社の中でもしかしたら替えの利かない立場になりつつあるのかも? 難物な実力者の彼女たちをある意味でうまく御すことができるのは彼のほかには、作中でもジョーカー的なカモメさんくらいだろうし……ってあのひとも謎すぎるけれど。彼の成長がどんな方向に向かうのかは、これからの話でしょうけれど、着々と力をつけている彼が今度はどんなトラブルに巻き込まれるのか、また心が痛くなりそうですが、それはそれで楽しみにも思えたり。

前巻では色っぽい話とかに発展する気配がなさそうだったけど、梢の登場で奇妙な三角関係が生まれて、そっち方面のお話にも期待が持てそう? そして、いつか、正体不明な立華の実年齢とかが明らかにされる日が来るのでしょうか?

hReview by ゆーいち , 2010/11/13

なれる!SE 2

なれる!SE 2 (電撃文庫 な 12-7)
夏海 公司 ,
アスキー・メディアワークス 2010-10
    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to なれる!SE 2 基礎から学ぶ? 運用構築

    Still quiet here.

    Comments are closed.