バカとテストと召喚獣〈8〉

このページは約 4分19秒で読めます。

stars 違うんだ! これは劣情とかじゃなくて、迸る青春から溢れ出した婦女暴行への渇望とか、そういうものなんだ!

玲の提案で瑞希が吉井家で暮らすことに。今まさに明久の眼前に広がるのは魅惑の同棲生活!? だがしかし! それは同時に異端者の終わりなき逃避行の始まりでもあり……「おい明久! お前――」もう万事休す!? と、明久の生命が危機に晒される中、再び幕を開けた試召戦争がFクラスを未曾有の大混乱へと突き落とす! 昨日の友は今日の敵、あれ? あなたはどちら様?? 「ズボンだけは残しておいて下さい!」(by明子ちゃん)波乱の予感が吹き荒れる第8巻!!

チュウしちゃうぞ!?

表紙は美波だけどついに姫路さんのターンキター!!!!

試験召喚システムの復旧に伴い、いよいよ始まる新たな試召戦争! Aクラス打倒を目指すはずのFクラスの敵は、しかし、同じクラス内にいた! 嫉妬のパワー怖ええぇぇぇ! 姫路さんとのハプニング的な秘密の同棲生活から始まった勘違いと嫉妬の連鎖。明久だけでなく、雄二もその波に呑まれて、まともな戦いを展開することもできなくて……。

ってこれはCクラスのトップ、小山さんの作戦勝ちなところがありますね。さらに言えば、彼女を裏でたきつけた三年生の存在がなにやらラスボス的な雰囲気を醸し出していますが。

にしても、この学校の非リア充たちは、誰かの幸せを見たら呪わずにはいられないのか。こういうときだけ発揮されるナイスコンビネーションで迫る様は高度に統率された戦闘師団のようで。まぁ、そう教育してきたのは、やり玉に挙げられる雄二の方な気がするのである意味自業自得な気もするのですが、しかしそれにしても、今回の殺意満点の追跡劇はやり過ぎな気もしたり。Fクラスの面々にとっては、試召戦争勝利による設備のグレードアップよりも、誰かが幸せになるのを阻止する方が重要なのか! なんかそんな弱点があっさり看破されるとこの先の戦いでは弱点攻められまくりな展開になりそうだけど、本丸を落とす前に予想外の苦戦の展開ですね。

それはそれとして、明久のリア充ぶりには磨きがかかってきてますねえ。姫路さんとの同棲もいつまで続くか分からない程度の短い蜜月ではありますが、思春期真っ盛りの男の子にとって、この刺激はかつてない激震のはず。むしろ、この機会を逃すものかとアプローチ(性的な意味で)をかけてくる姫路さんの勢いにたじたじですよ。普段どれだけ妄想していたのか、明久のふとんをくんかくんかとか YABEEEEEE! 一歩間違えば HENTAI 一直線ですよ。かわいいから許すけど。

そんな感じで、押せ押せの姫路さんのパワーに圧倒ですよ今回は。いちおう本命だとは思っているけれど、なかなか良いところなかったんで、ここからの追い上げがどうなるかと思ったら予想以上に来てますね。恋する女の子は強いのです。試召戦争も何のその。終盤で珍しく弱ってしまった明久を介護してキュンキュンしたのかリミッターはずれたのか、最後の最後の彼女の行動は、待ちに待った、といっても過言ではない大転換フラグじゃあ?

さすがに、この意味を勘違いしてるようじゃ、抹殺されても擁護のしようなし。いや、この事実がばれたら何回殺されても許されなさそうだけれど。ともあれ、恋に自覚的な女の子からは無自覚な男の子もそろそろ逃げ切れない感じかな。どんな答えを出すにしても、この作品らしい笑いとさわやかな、そしてちょっとだけバイオレンスな展開が待ち受けていそうですねー。

ともあれ、まずは目の前の一戦、この戦いの決着はどうなる?

hReview by ゆーいち , 2012/01/29

バカとテストと召喚獣〈8〉

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)
井上 堅二 葉賀 ユイ
エンターブレイン 2010-08-30

    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to バカとテストと召喚獣〈8〉

    Still quiet here.

    Comments are closed.