ラッキーチャンス!〈9〉

このページは約 3分28秒で読めます。

stars あのな、マサト。わたし、思うんだけど。……もっとオンナゴコロ、勉強した方が良いぞ?

天草家で始まった次期継承者を決定する大バトル。しかも、優勝者への副賞は天草沙代自身!! 霊能力者名家としての権力が欲しい者、最強の称号を求める者、沙代目当ての者や単なるお金目的の者まで、日本中から猛者が集まって、バトルは大混戦に!
そんななか、雅人は大切なキチを失い、感情を逆転され愛のモンスターと化した二之宮・兄に追われることに。いったいこのバトル、どうなっちゃうの?
疫病神から転職したばっかりの福の神キチと、最強の“ごえん”使い・外神雅人のハッピーラブコメ、第9弾!

バトルロイヤル in 天草家 続行中!

前巻のひどい引きでどうなるかと思った雅人の身の上は、予想のさらに斜め上を行く恐ろしいことになっていて噴いた。なんだ、このラブモンスター。愛を向けられる張本人にとっても現実逃避したくなるほどの恐怖ってどんだけぇ……。これが、制御可能ならまさに鬼に金棒なんでしょうけれど、もはや愛しさと憎らしさが表裏一体の二ノ宮氏は暴走するだけ。周りに甚大な被害と精神的な傷を残して止まることはないようです。乱入した仮名さん、まさにとばっちりで合掌……。

とはいえ、今巻で片が付くかと思ったら、思ったより本が薄くてイヤな予感。いやぁ、その予感通りに話はまた良いところで中断されてしまいましたね。今回はようやく雅人と沙代さんの合流がなされたんですけれど、鈍感スキルを発動した雅人のせいでお互いの気持ちに微妙な不協和音が生まれてる様子。あくまでパートナーとして、仲間として、純粋に沙代さんの力になりたいと思っている雅人に罪はないのかもしれないけれど、これまでの交流の中で変わりつつある彼女の表情や雰囲気を少しは察してあげないと、ねぇ。幼いと思っていたキチにまで、オンナゴコロを勉強しろと諭されるようじゃ、彼の恋愛スキルは小学生レベルなんじゃあないかと心配もしてしまいますよ。いかに霊能バトルでは無類の強さを誇る最強の看板を背負うものとはいえ、知らず相手の心を傷つけてるようじゃまだまだ修行が足りないといったところですね。

気になるのは、雅人が終盤に抱いた違和感の正体。なんだか大きな思い違いをしているような雰囲気ですが、それが、これからの戦いの行く末を左右するほどの致命的なものだとしたら、些細ないさかいで再び分断されてしまった雅人と沙代さん、お互いに危険なんじゃないかと思われますね。

正直なところ、天草の外道な人外たちの傍若無人で人でなしな振る舞いには、そろそろ一矢報いてほしいところなんですが、それが先送りになったのが不満なのかもしれませんね。真っ正面からぶつかり合って、言い訳の余地無く叩きのめす、実力においても雅人は最強であるというバトルが早く見てみたいです。

hReview by ゆーいち , 2012/02/12

ラッキーチャンス!〈9〉

ラッキーチャンス! 9 (電撃文庫 あ 13-33)
有沢 まみず QP:flapper
アスキー・メディアワークス 2011-07-08

    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to ラッキーチャンス!〈9〉

    Still quiet here.

    Comments are closed.