明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。

このページは約 5分44秒で読めます。

stars 俺は、訊いてみたかったんだ。世界から消えるその瞬間。彼女に、この残酷な世界がどう見えていたのかを。

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 書影大

生まれつきの恐い顔のせいで、学校で浮きまくっている坂本秋月。彼はある夜、一人の少女の事故現場に遭遇し、謎の人物から究極の選択を迫られる……。
『お前の寿命の半分で、彼女を救うか?』秋月は寿命と引き換えに少女“夢前光”を救った、はずだったのだが……なぜか秋月の体は1日おきに光の人格に乗っ取られるというおかしな展開に――!
始まってしまった二心同体の交換日記ライフ。イタズラ好きな光の人格は、トンデモな出来事や仲間を次々に引き寄せ、秋月の低空飛行人生を一変させていく!
交換日記の中でしか出会うことのない「ぼっちな俺」と「残念な彼女」による、人格乗っ取られ型青春ストーリー!

第19回電撃小説大賞【金賞】受賞作。

バトル主体の大賞銀賞と違って、金賞の二作は両方とも学園ものなのですね。バランス取れてるというか、応募作がそういう構成比なのかも知れませんが、ともあれ、本作は面白かった!

登場人物自体はそれほど多くなく、基本的に主人公の秋月と、事故に巻き込まれて死んだはずなのに、秋月の身体に居候することになってしまったヒロイン(?)の光、他少々。いや、主人公の妹とか大変強烈な腐ったオーラを発散する中学生だったり、蒼山サグせんせが書いている推薦文が大変残念なことになっていたりで、そっちを期待すると微妙な感じになりそうな雰囲気ですが。けれど、本作のだいたいの内容って、帯に書かれてるんですよね。

【悲報】俺の体が残念美少女に乗っ取られている模様【一日おき】

いや、ほんと、こんな感じのお話でしたね。残念すぎて笑えてきます。

事故に遭って死んでしまったはずの光が、秋月の体に居候することで起きるトラブルが悲惨で笑えて大変です。しかも、それを仕掛けているのが表紙でドヤ顔しまくりの美少女なんだからもうね。コワモテのくせに、中身はわりと普通っぽい秋月との対比がお見事な感じで、二人のノートを介した一日というタイムラグ付きのやりとりが、それを感じさせないくらいのテンポでぽんぽん交わされるものだから、ニヤニヤしながら読んでしまいますね。

光は基本、残念な性格してるんですが、そのくせ、秋月の体を借りてる恩を返そうとするのか、単に自分が楽しんでいるのか、ぼっち生活まっしぐらの彼の周囲をリア充っぽく変えていったり。何気に、可愛い娘との接点もできて、ほとんど光が攻略したのに等しいような霞ちゃんなんて、いい子すぎてもう、うらやまけしからん感じです。基本奥手で、押しに弱いのに、年ごろのお嬢さんぽく異性交遊に興味津々だったり後半妙に押しが強くなったり黒くなったりと大変良いお方です。

それでも、一緒にいる時間が長いというのは大きなアドバンテージ。はちゃめちゃな共同生活を送りながらも、少しずつ光が気になっていく秋月。中盤以降は、彼女が死んでしまった事故を巡って、彼女の死の真相に迫る、シリアス展開キター!? と思っていたら……。

やってくれやがりました!

おおおおい、なんですか、そのオチは。その真相は。もうね、それまでさんざん彼女を助けようと奔走していた秋月とか、彼女の死に責任を感じていたっぽい同級生の風城君とか、光のことを本当に思って行動していたのに、彼女が語った真実のあんまりさに、本を投げつけたくなりますよ。いや、いい意味でなんですけど。何この落とし方。ここまで斜め上の理由を用意していた作品は、すぐには思い浮かばないなあ。脱力して笑ってしまった自分はもう負けなんでしょうけれどね。

プロローグが妙に意味深で、食らいお話に発展していくのかと思いきや、それ以降のテンションは高いまま突っ走ってくれましたね。こういう楽しい一直線のお話で徹頭徹尾笑わせてくれる作品もまた良いものです。深く考えず、その場のノリで楽しめばいいのです。作中での光の生き様なんて、まさにそんな感じでしたしね。

けれど、エピローグはさらりと語っていた伏線を回収してくれたりで、おお!? なんて思ったり。あんだけ無関係を装っておきながら、実はそういう関係でしたってのはずるい気もしますが、光が秋月を選んで交わした約束は、決して間違っていなかったんだなと、あったかくなれるラストでした。

この作品は、続きが読んでみたいなあ。光との関係がどうなるかも気になるし、なんか妙にホモホモしい、秋月と風城君の関係を見て勘違いする面々のドタバタも見てみたい。妹キャラの雪湖のネジが外れた暴走っぷりも楽しげだし、何より光のむちゃくちゃをもっと見てみたいと思ってしまいます。

約束を果たし、ヒーローになった彼が、もう一度ヒロインを助けてハッピーエンドを迎える、そんな未来を見せてくれませんかね?

とても楽しく、私好みのお話でした。

hReview by ゆーいち , 2013/02/12

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 (電撃文庫)
藤まる H2SO4
アスキー・メディアワークス 2013-02-09

    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。

    Still quiet here.

    Comments are closed.