ロンリー・マイセルフ・サーガ〈1〉

このページは約 5分45秒で読めます。

stars その願い、俺が叶える。神として、お前の兄として。

ロンリー・マイセルフ・サーガ〈1〉 書影大

「俺は、『神』になったぞ! 」――“神成りの儀”を無事成功させた八坂信輝は念願の神の力を手に入れたはずだった――だが、よくよく聞くと神は人々から信仰されないと、この世から消滅してしまうらしい。
信仰を得るには地道に人の願いを叶え続けなければならないなんて、世の中世知辛いったらない。
しかも、楽しいはずの神様ライフにさらに暗雲が……。
十年ぶりに再会した妹・八坂命が柔らかく微笑んで告げる――「私、神殺しになりました」と。
“神”になった信輝と“神殺し”になった命の再会で幕をあけた、この国で最も新しい神話――さぁ、明るく楽しく素敵な八百万の世界へとようこそ♪

おお、これは結構楽しいお話。いきなり神様に主人公がジョブチェンジ! けれどレベル1の見習い神様は地道なお仕事で信心を集めていかないとダメだというRPG仕様。とことんライトに神様の世界を描いてくれてる感じで、日本にある八百万の神に加えて世界各国の有名な神様まで健在という世界観。しかも、それぞれの神様がカミッターとかいうSNSで交流して煽ったり煽られたりしているごった煮状態。ナニコレ(笑)

いや、冒頭がシリアス気味で始まったもので、ここまで明るいお話だというのが意外な感じですね。神になった兄・信輝と、神殺しの妹・命のどちらかが消えるしかない悲壮な運命を描くかと思ったら、ラブでコメだったというね。いや、このノリだとシリアスになりきれない雰囲気もあるので、こういう導入は成功だと思いますが。そもそもナンバリングされてる段階で続きが出るのが確定しているようですしね。

著者はえろげーのシナリオライターなどもしているようで、なるほど、会話のテンポとか、そういう雰囲気は感じますね。そして、立て続けに掃射されてくるパロディネタの数々も、えろげーならよくある展開。でも、ここまで数多く仕込まれているとページ稼ぎなんじゃないかなあなんて穿って見てしまいますね。コメディタッチに日常のシーンを盛り上げるのにこの手のネタは有効だけれど、その分、他の描写が犠牲になったりしてないのかなとか。もっとも、本作は登場人物がかなり限られているせいか、説明不足な部分は余り感じず、信輝や命、幼なじみの鈴や、主人公を補佐する教育係になった先輩神様アキハとの掛け合いも楽しく読むことができました。ネタ的にはアニメパロディ系が多いんで、時期を外すと寒いネタになりがちなのが微妙と言えば微妙ですが。さすがにまどマギネタをここ最近立て続けに見ていると「またか」的な思いが浮かんできてしまいますね。妹ポジションの命も、このノリはどこかの作品で見たことあるなあとか思うくらいにはお兄ちゃんラブの肉食系で。それはそれで全然構わず、むしろラッキースケベなイベントが多くてウハウハなのですが、さすがにテンプレな展開だなあという部分も否めませんでしたね。そこが本質というわけではないのですが、パロディネタ多いのは善し悪しありますよね。

そして、本筋。お話的には、信輝が新米神様からランクアップを目指して様々な願い事を叶えてポイントを稼いでいくドタバタになるかと思いきや、そんな神を討つ存在となった命との対決が不可避になり一気にシリアス度が増していきます。ここに、いかにして信輝が神を目指すことになったのか、命が神殺しを目指すことになったのか、動機となる過去の出来事が語られるんですが、どうにもこの部分は先々への伏線になっていそうですね。神という存在が、決して人間にとって善性のみのものではないというのは作中でも語られていますが、幼い二人に対してのノーリアクションというのは意図的な部分を感じてしまいます。対極の存在へと成り果てた二人の運命を定めたきっかけとなった神がいったい誰なのかというのも明かされないままだし、この先、結構重要な要素になってきたりしませんかね。

願いを叶えるという一点に特化した能力を持つ神性となった信輝。神を殺すという呪いに縛られつつも、兄を手にかけるなどできないと苦しむ命。二人の利害の一致から、信輝は自分の力を上手く使い、辛くも窮地を脱することができました。が、状況は改善せず、できたことといえば、都合の悪い部分にフタをして自体の発覚を送らせただけという対処療法。神殺しの呪いを解く方法も見つからず、現状ではいずれかの存在が消滅を避けられないという詰んだ状況に変わりはなく、誰かの犠牲の上に二人の関係を続けていくという血なまぐさい展開は違うだろうなと思うだけに、ここからどうやってハッピーエンドに持っていくのやら。次巻で登場する神様もすでに名乗りを上げているようだし、神殺しが神を殺すことなく延命する方法、そんな都合の良い手が見つかるのかどうなのか、唸らせる展開を見せてほしいと思います。

ヒロインたちはよくある属性持ちではありますが、ビジュアルと相まってかわいいかわいい。アキハの神様らしからぬサブカルどっぷりなキャラ付けが好みなので、現時点で人気投票したらサブキャラ3位どころか暫定1位になるんじゃないですか。もっとラッキースケベなイベントも用意して欲しいですねえ(笑)

hReview by ゆーいち , 2013/04/28

ロンリー・マイセルフ・サーガ 1

ロンリー・マイセルフ・サーガ 1 (オーバーラップ文庫)
深山ユーキ 一葉モカ
オーバーラップ 2013-04-24

    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to ロンリー・マイセルフ・サーガ〈1〉

    Still quiet here.

    Comments are closed.