サイコメ 1 殺人鬼と死春期を

このページは約 4分56秒で読めます。

stars だから。君をメロメロにして殺してあげる。安心していいよ、京輔。君は誰にも殺させない。私が絶対に守る。他の誰にも殺させるもんか……君を殺すのは、私。――君のいのちは私がもらう。

サイコメ 1 殺人鬼と死春期を 書影大

未成年犯罪者を集めた「プルガトリウム更生学院」。
そこに冤罪で入学させられた神谷京輔。周りを見ると美脚美女にゆるふわ系少女……なのに実は殺人犯。その上、京輔は異例の《12人殺した殺人鬼》として学院中の注目の的になり、正体不明な巨乳のガスマスク美少女・氷河煉子にまで迫られて――。
死と隣りあわせの誘惑をくぐりぬけ、京輔は無事に卒業できるのか!?
第14回えんため大賞優秀賞受賞。LOVE=KILL! 恋するほどに危険なハードコア系ラブコメ!!

まったく、殺人鬼のバーゲンセールだな!

見渡す限り、全員が殺人経験者。とんだ学園ラブコメですね!?

12人殺害という「プルガトリウム更生学院」の新入生の中でも群を抜いた肩書きの、冤罪をなすりつけられやってきた主人公・京輔。クラスメイトのどいつもこいつも凶悪な殺人者だとわかり、内心びくびくしながら、それでも舐められまいと虚勢を張る主人公って……。

でも、京輔にしたって、罪を着せられるまで表の社会では割と名の知れた悪だったような気が。「虐殺王」に「百万人殺し」って、おいおい、大概に凶悪な通り名付けられて、そしてその名に恥じない強さを身につけている京輔。ギャグ時空なら通用するけど現実なら決して普通じゃない強さを発揮する彼もまた、普通からずいぶんと逸脱している存在ですよねえ。

ある意味、普通から外れた存在も放り込まれていそうなこの学院。序盤はそれでも、不良どもを更正させようと、少し(?)過激なプログラムを実施している施設かと思っていたんですが、それは甘かったなあ。序盤から中盤まではキャラの紹介やら説明やらに終始していた感じが強くて、やや退屈な部分もあったんですが、学院の真の目的だとか、京輔が巻き込まれたことの大きさとかが分かると、そこから一気に面白くなってきますね。この大人たち、収監されている主人公たちを更正させる気なんてサラサラねえ!?

というか、ここまで大がかりな仕掛けが隠蔽されているとするなら、京輔が冒頭に警察にあっさり捕まったことも含めて、もはや国家ぐるみでこういう後ろ暗い仕事を行わせる人材を育てているとしてもおかしくないですね。生粋の殺人鬼を集めたり、それには飽き足らず一からただ殺すための存在を育て上げたり、果ては未来ある若者たちを裏家業に永久就職させたりと。仮に表社会に戻ることができたとしても、彼らの存在そのものがすでに無かったことにされていそうで恐ろしい予感がしますね。元の生活に戻れるなんて一体誰が保証した?

それでも、彼らは生きなければならない。生きなければ死ぬしかない。死ぬくらいならあがいてあがいて、あがき続けてやると、絶望のどん底そのものとも言える境遇に堕とされながらも、京輔たちは諦めない。彼と、彼に共感を覚え、惹かれた少女たちの共闘がここから始まるわけですね。もちろんラブコメもあるよ!

ああ、でも、この舞台でラブコメはまさに命がけ。生まれついての殺人鬼なヒロイン(?)の煉子を筆頭に、殺し屋・鋭利にドジで人が殺せるんでな舞耶と個性的すぎるヒロインたちが揃ってますねえ。今回は煉子の好意=殺意に当てられて、危機一髪な状況に陥った主人公ですが、その危機を何とか脱したかと思ったら惚れたら負けという泥沼状態に。この場合の負けはリアルに死に直結するという容赦ない無理ゲー具合ですが、魅力的すぎる身体を使った色仕掛けにいつまで耐えることができるのか、京輔の理性が試される! ……爆発すればいいのに。

そして、極めつけは妹ちゃん。単なるブラコンな妹キャラかと思ったら、一本どころか何本も頭のネジが飛んでるお方でしたか……。リミッターだった兄がいなくなったことで、ついに本性が解放されたのか、とんでもない形で兄と感動の再会を果たすことは既定路線のようですが、そうしたら、もはやラブコメなんていってる余裕無くなりそうだなあ。ガチで主人公を取り合う恋のリアルバトルが勃発しそうですぞ。

中二病をこじらせたような殺人語りとか恥ずかしくて苦笑する部分もありますが何気に新鮮な感じのラブコメですね。割と流血成分多いですが、これもまたスパイスですよ(笑)

hReview by ゆーいち , 2013/05/17

サイコメ 1 殺人鬼と死春期を

サイコメ 1 殺人鬼と死春期を (ファミ通文庫)
水城水城 生煮え
エンターブレイン 2013-02-28

    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to サイコメ 1 殺人鬼と死春期を

    Still quiet here.

    Comments are closed.