Category Archives: 電撃文庫

[[HATENA-ANTENNA-CHECK-START]]

ストライク・ザ・ブラッド〈6〉 錬金術師の帰還

中等部の修学旅行で本土に行くことになった雪菜たち。その間、彼女の監視から解放されると知って喜ぶ古城と複雑な雪菜。そんな古城たちの前に現れたのは、天塚汞と名乗る錬金術師だった。
封印された錬金術の至宝──液体金属生命体〝賢者の霊血〟を復活させるため、〝魔族特区〟各地で襲撃を繰り返す天塚。そして〝賢者の霊血〟の暴走に巻きこまれた浅葱を待ち受ける悲劇とは……!? 続きを読む

読了時間:約 5分11秒

斉藤アリスは有害です。 ~世界の行方を握る少女~

ただ、そこにいるだけで自分はおろか周囲さえも不幸をもたらす有害指定人物――有害者、斉藤アリス。主人公・山野上秀明はオカルトを否定し、アリスの秘密を暴くため、彼女に接近。彼女の世話をする「アリス係」をするうちに、アリスの本当の素顔を知っていく。予想よりシリアスで、そして優しい物語。アリス可愛いよアリス。 続きを読む

読了時間:約 6分28秒

レイヤード・サマー

夏の日のボーイ・ミーツ・ガール。そこにタイムトラベル要素を絡めて非常に美味しく仕上げてくれました。コメディのような日常と、シリアスな事件、そして切ない告白と別れ。お約束のような流れだけれど、最後の最後に突き付けられる選択には、主人公ならずとも迷うこと必至。重なり合う思い出と時間。ひと夏の出逢いと別れの物語です。 続きを読む

読了時間:約 6分38秒

空ろの箱と零のマリア〈6〉

一輝と醍哉の対決はついに最終局面に。どちらかの敗北をもってしか終わることのできない対決の結末は……?
もはや主人公と呼べないくらいに暗黒面に落ちてしまった一輝の行動は戦慄そのもの。日常を愛した彼は消え、ただ、マリアを求める狂信者へと成り果ててしまったかのよう。
この戦いにどんな意味があるのか、救いはあるのか、結末の先に何があるのか……? 続きを読む

読了時間:約 5分19秒

正義の味方の味方の味方

悪の組織が正義の味方を目指す? 転身するは秘密結社の総帥(美少女)・一名、唯一の構成員にして怪人・一名。正義の味方養成機関に放り込まれ、訳ありたちが集められたクラスで始める正義の味方家業。巨悪の滅びた世界で、果たして二人は立派な正義の味方になれるのか!? おもしろおかしい学園生活始まります! 続きを読む

読了時間:約 5分48秒

煉獄姫 六幕

絶体絶命の状況。完全なる敵に対して、力を失くしたフォグたちに抗う術はあるのか?
ついに明かされる『ローレンの雛』に託された運命と未来。そして、最後の戦いの行方は……。
毒気に彩られた薄闇の幻想物語、ここに終幕! 見事なラストシーンまで駆け抜けろ! 続きを読む

読了時間:約 6分6秒

エスケヱプ・スピヰド 参

量産型鬼虫たちが狙う第三皇女のクローン鴇子の記憶。それは、鬼虫の要を成す金属“星鉄”の存在だった。九曜たちが手にすれば、今は亡き鬼虫シリーズを復活させられるかもしれない。だが、量産型鬼虫たちが手にすれば、彼らの力は鬼虫と並ぶ。待ち受ける先にあるのは、光か闇か――。二つの側面を併せ持つ金属“星鉄”を巡り、新たな戦いが加速し始める。 続きを読む

読了時間:約 5分44秒

魔法科高校の劣等生〈8〉 追憶編

今から三年前。司波深雪にとって、忘れられない『出来事』があった。それから、深雪は変わった。兄との関係も。兄に向ける、彼女の心も――。過剰なまでの愛情を兄である達也に向ける深雪。そのきっかけとなるエピソードが語られる。つまりは、いかにして妹は兄萌えになったのか、そういうことです。 続きを読む

読了時間:約 5分

なれる!SE 8 案件防衛? ハンドブック

とある大企業のコンペで、工兵は競合するライバル社、アルマダ・イニシアティブの新人エンジニア、次郎丸縁と出会う。同じ新卒ということで親近感を覚える工兵だったが――、アルマダはスルガシステムを脅かす超攻撃的企業だった! 工兵初となる防衛戦。攻め手を緩めないライバル会社の新人・次郎丸さんに、彼が打つ手とは!? 続きを読む

読了時間:約 6分6秒

ストライク・ザ・ブラッド〈5〉 観測者たちの宴

監獄結界からの脱出を果たした、仙都木阿夜と六人の魔導犯罪者たち。彼らの目的は“空隙の魔女”南宮那月の抹殺だった。阿夜の奸計によって魔力と記憶を奪われた那月は、幼児化した姿でなぜか浅葱に保護されることに。一方、重傷を負った優麻を救うため、古城と雪菜は巨大企業MARの研究所を訪れていた。そこで古城たちを出迎えた人物とは――? 続きを読む

読了時間:約 6分25秒

[[HATENA-ANTENNA-CHECK-END]]
Page: 3 / 6712345...102030...最後 »