Tag Archives: 平坂読

[[HATENA-ANTENNA-CHECK-START]]

僕は友達が少ない〈3〉

……その発想はなかった……携帯電話はカラオケ屋を探すためだけの道具ではなかったのか……。志熊理科……貴様を天才だと認めざるを得ないようだな……。 友達作りを目的とした残念な部『隣人部』が誕生して一ヶ月。努力の甲斐もなく、… 続きを読む

読了時間:約 3分28秒

僕は友達が少ない〈2〉

生命の神秘をいただいたお礼は生命の神秘によってお返しすべきですね。なんか生命の誕生に関するアレでどうですか。ヒントは『S』で始まり『X』で終わる単語です。 隣人部――それは残念な連中が日夜友達作りのためにギャルゲーや演劇… 続きを読む

読了時間:約 3分46秒

僕は友達が少ない

これはそんな残念な部活に集う残念な連中の、開始十ページにしてヒロイン二人がゲロを吐くような、とても残念な日常の物語――…… 学校で浮いている羽瀬川小鷹は、いつも美少女だけれどいつも不機嫌にしているクラスメイトの三日月夜空… 続きを読む

読了時間:約 3分24秒

ラノベ部〈3〉

出逢って、いろんな思い出を共有して、別れて、たまにあいつ何やってんのかなーって思い出したりして――それって、現実の世界と物語の世界で何が違うの? 留学生のリアが加わり、さらに賑やかになったラノベ部。メンバーは増えても、や… 続きを読む

読了時間:約 3分1秒

ねくろま。∞(インフィニティ)

……諦めるな。俯くな。前を向け。誇りを持て。自分を信じろ。理想の自分を思い描け。願え。足掻け。祈れ。叫べ。その神経と精神と魂の赴くままに想像し創造しろ――お前自身が主人公の、最高にイカした物語を! さすれば《世界》は貴様… 続きを読む

読了時間:約 2分30秒

ラノベ部〈2〉

現実の主人公っつーのはね、神様とか作者とか運命とかに勝手に選んでもらうんじゃなくて、自分でなるもんなのよきっと多分。 軽小説部――通称『ラノベ部』。浅羽美咲の決意表明を聞かされ、幼なじみの竹田龍之介は半ば強引にその設立の… 続きを読む

読了時間:約 3分6秒

ねくろま6。

……ハッピーなのがいいなあ……みんなが笑ってる、なーんか最高に笑けて馬鹿馬鹿しいお話がいいなあ……。 魔王・トワの完全復活のためにクオンは賢者の石の欠片――フラグメント回収のためソリスたちと敵対する。クオンの持つフラグメ… 続きを読む

読了時間:約 2分14秒

ラノベ部

……私はあなたに、こういう本を読んでほしいと思う。こういう本に、あなたのような人と出逢ってほしいと思う。それは多分、本と読者の双方にとって幸せなことだから。 文化系の部活に入ろうと、あれこれ見て回っていた一年生の物部文香… 続きを読む

読了時間:約 2分27秒

ねくろま5。

なんていうかその……ソリスくんの人生は多分……もう、駄目です。 急接近したソリスとマシロ。それを指を咥えて見ているわけにはいかないキャロル・メイ・ヒカリの三人は、手を組んでソリスに本気モードで迫る。そしてソリスを魔王と呼… 続きを読む

読了時間:約 1分33秒

ねくろま4。

よく聞け愚民ども! 俺の名はソリス・アレクサンドロ! 神だ!! 立て続けの不名誉な行いにより、生徒会副会長の解職請求が出されたソリス。無理矢理副会長の座に就かされた身としては、これ幸いと解職の承認を期待するが、そうは問屋… 続きを読む

読了時間:約 2分1秒

[[HATENA-ANTENNA-CHECK-END]]
Page: 1 / 212