Tag Archives: MF文庫J

[[HATENA-ANTENNA-CHECK-START]]

ノーゲーム・ノーライフ〈4〉 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました

ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】――魔法や超能力を駆使する数多の敵を相手に連戦を重ね、なおも無敗を貫く最強ゲーマー兄妹『  』、だがそんな二人にもクリア出来たことがないゲームが、実は“二つ”だけあった……。
東部連合で優雅な休暇を満喫する二人を訪ねてきたのは、吸血種の少女・プラム。種の危機を救うことになった空と白だが、そのゲーム内容はまさしく二人が未クリアのゲームの一つ、「リアル恋愛ゲーム」だった――。 続きを読む

読了時間:約 4分38秒

学戦都市アスタリスク 03 鳳凰乱武

鳳凰星武祭、開幕――。綾斗とユリス、紗夜と綺凛の両タッグは危なげなく予選を突破し、本戦に突入する。アルルカントのエルネスタ・カミラ組など、強敵も順当に勝ちあがるなか、綾斗はふとしたきっかけで暴漢に襲われていた少女プリシラを助ける。そこに駆け付けたのは、彼女の実の姉にして純星煌式武装《覇潰の血鎌》の使い手、《吸血暴姫》イレーネ・ウルサイス。――綾斗たちの次の対戦相手だった。 続きを読む

読了時間:約 4分26秒

変態王子と笑わない猫。〈6〉

年末恒例、ちょっと変わった修学旅行の季節がやってきた。果たして誰の意思なのか、ぼくと一緒の班になったのは、小豆梓と天敵・副部長!? 「最後の旅行なのに――ずるい。です」……一方、学年の違う月子はのけ者扱いに拗ねまくり、暗黒魔王ポイントをもりもり貯めていく。魔王×猫像×天敵ときたら、何も起きないはずがなく――。爽やか系変態ラブコメ、待望の第6弾! 続きを読む

読了時間:約 5分9秒

変態王子と笑わない猫。〈5〉

ついに小豆梓の大攻勢が始まった! チアガール系ワンワンの笑顔に押され気味のぼくは、無表情ガール系月子ちゃんのプレッシャーに震える日々。「あの、そのハサミは何に使うのかな……?」「先輩が悪いのです。わたしをほったらかしにする先輩が」……あっちもこっちも大変で、どうにかしようとしているうちに引き寄せてしまったのは、まさかの10年前の世界! 「久しぶりの、ふたりきりの大冒険ですね」――すっかり上機嫌の筒隠と、今度は過去をたずねて時間旅行!? 続きを読む

読了時間:約 5分20秒

変態王子と笑わない猫。〈4〉

横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校一年生。ある日、陸上部の練習をサボって保育園に潜入したところ、鬼の仮面をつけた小さな女の子に見つかってしまい――?
女の子のキュートな魅力をぎゅーっと濃縮、ちょっぴりノスタルジックな雰囲気でおくる『変態王子』初の短編集! 続きを読む

読了時間:約 5分9秒

変態王子と笑わない猫。〈3〉

体育祭が迫る九月の朝。のどかな二人乗りの最中、ちっちゃな宇宙怪獣ツインテールが降ってきた。『完璧』な笑い方をするその女の子は、ぼくにロケットダイブして、「にひー。だーれだ!」「え?」「よーとおにーちゃん、だいすき!」「えええ!?」「どういうことですか」「え?」「どういうことですかロリペドさん」「ええええ!?」――そして平穏だった学校に『笑わない猫』の笑う声がする。
大人気爽やか系変態ラブコメ第3弾! 今度は妹王座決定戦だ! 続きを読む

読了時間:約 3分28秒

変態王子と笑わない猫。〈2〉

夏が終わる。十六歳のたった一度きりの夏が。いったいぼくは何をして過ごした というのだろう? 大いに焦る横寺陽人は、今日も今日とて空回り。月子に振られ、小豆に振られ、ポン太に振られ――自宅までも消滅した! なんで? どうして? どういうこと!? 雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあてすらもない。「それなら先輩。今夜は、わたしの家に泊まるですか」「あ、うん。うん?」
早くも人気沸騰の爽やか系変態青春ラブコメ第二弾! バイバイ、ぼくの初めて―― 続きを読む

読了時間:約 5分15秒

変態王子と笑わない猫。

横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。ひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったら、心で思ったことがいつでもどこでも垂れ流しになってしまった!
人生の大ピンチを救ってくれたのは、クールでキュートな無表情娘、筒隠月子――「頭の先から尻尾の終わりまで撫でまわしたくなる感じの子だなあ」「変態さんですね」「ち、違っ、褒め言葉の一種だよ!?」「裁判沙汰の多そうな変態さんですね」「!!??」とにもかくにも猫像のせいで喪われた本音と建前を奪還しようと、ふたりは協力してアニマル喫茶に行ったり水着を買いに行ったりお嬢様のペットになったり――ん? 続きを読む

読了時間:約 6分51秒

聖剣の刀鍛冶 #15 Sacred Knight

王と、獣と、機械機構と、神とも呼ばれた“それ”――。過去、初代ハウスマンが実験台と呼び、いま、帝政列集国が魔王と呼ぶ、大陸の心臓“ヴァルバニル”が、遂に火山の頂に威容を表す。高濃度の霊体を吐く一撃で新たな“爪痕”を穿ち、触手で敵味方なく戦士たちを奈落に引きずり込む巨竜に為す術のないセシリーたち。一方シーグフリードは大量の魔剣を投じ、ある“作戦”をはじめようとしていた――。 続きを読む

読了時間:約 4分25秒

聖剣の刀鍛冶 #14 Valbanill 2

都市を捨て、炎を上げて流れる溶岩の河向こう、ブレア火山の麓で迎撃の陣を組んだセシリーたち騎士団。しかしすでに都市を蹂躙せんと侵攻した帝政列集国はシーグフリードの振るう魔剣エヴァドニの力で溶岩を越え、進撃を止めることがない。そして遂に、都市騎士団と帝政列集国戦士団は、激しい剣戟を交わす乱戦に突入する。
ルークが、ハンニバルが、ヒルダが、それぞれに己の剣のみで、魔剣を手にする敵と斬り結ぶ。そして、いまだ聖剣として覚醒しないアリアを手に、最前線に立つセシリーは――!? 続きを読む

読了時間:約 4分30秒

[[HATENA-ANTENNA-CHECK-END]]
Page: 1 / 1912345...10...最後 »