Tag Archives: MF文庫J

[[HATENA-ANTENNA-CHECK-START]]

剣の女王と烙印の仔〈8〉

わたしは、何度この夜を迎えようと、おまえを選ぶ。おまえを手に入れること、おまえとともに生きることを選ぶ。何度でも。 “流転する生命”(イノ・モルタ)という最凶の力を引き摺りながら進軍する女帝アナスタシア。その傍ではニコロ… 続きを読む

読了時間:約 5分27秒

剣の女王と烙印の仔〈7〉

さあ、思い出して。あなたのその名前は、いったいだれに名づけられたかを。 刻印を戴いた王配侯ルキウスをその手にかけたミネルヴァとクリス。ついに二人の想いは繋がったが、次なる途を自分たちの手で切り開くため、別離の決意をした。… 続きを読む

読了時間:約 4分36秒

剣の女王と烙印の仔〈6〉

今は確信しています。あなたがたの神々の力はみな、けっきょくのところ、人の心にしか触れられない。どれほどの力であろうと、人の心の中だけに働くものです。ならば――。ならば、人の心は、いつか必ずそれを超えます。 大陸は戦乱に包… 続きを読む

読了時間:約 5分3秒

緋弾のアリア〈7〉火と風の円舞

俺は信じる。2人が、心の奥では……お互いを信じてることを信じる。 止まらない暴走特急の上で、超高速リベンジバトル!! 東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学校。 強襲科の超エリートでSラ… 続きを読む

読了時間:約 3分58秒

剣の女王と烙印の仔〈5〉

おまえはここにいるじゃないか。いつもわたしのそばにいたじゃないか。勝手に苦しんだり勝手に死にかけたり勝手にわたしを助けたりっ、したじゃないかっ! お、おまえがほんとはクリスじゃないとか、そんなのわたしにはどうだっていい。… 続きを読む

読了時間:約 4分31秒

聖剣の刀鍛冶 #9 Last Wind

私は未熟だから。全然足りないから。っだ、だから、だから――。ほんのちょっとでいいから、勇気をちょうだい。 激戦をかいくぐったセシリーとアリア。 その影響か、アリアは剣の姿に変化できなくなってしまう。アリアが気に病まないよ… 続きを読む

読了時間:約 4分14秒

ゼロの使い魔〈18〉滅亡の精霊石

ねえサイト。お願いがあるの。他の子に目移りしてもいいわ。浮気したってかまわない。でも……。わたしより、先に死んじゃだめよ。それだけ約束して。わたし、きっと、あなたがいなくなるのだけは、耐えられそうにないから。 才人の元に… 続きを読む

読了時間:約 4分10秒

聖剣の刀鍛冶#8 Light & Darkness

かよわきあなた。ちからは、いりませんか。どんなものにも、くっしない、ちからは、ほしくないですか。 激しい斬撃を交わした交易都市と帝国軍。圧倒的な脅威を退けたひとときの平穏、身を粉に復興を誓うハウスマン市民たち――。そんな… 続きを読む

読了時間:約 4分19秒

緋弾のアリア〈6〉 絶対半径2051

もう、私は――いいのです。自分に、初めて、想いを生じさせた人……あなたと共に、食事をした。あなたと共に旅をし、服を買ってもらった。僅かな時間でしたが、その間も……私は、表現することはできなかったけれど……あれも、きっと感… 続きを読む

読了時間:約 4分30秒

緋弾のアリア〈5〉 序曲の終止線

――だが俺、遠山キンジは―― こいつのためなら、この身を危険に晒してやろうと思う。おそらく、世界中の男たち……世界中の、主人公たちと同じように―― 東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵――通称『武偵』を育成する特殊な学… 続きを読む

読了時間:約 4分38秒

[[HATENA-ANTENNA-CHECK-END]]
Page: 3 / 1912345...10...最後 »