ライトノベル, 読書感想, 一迅社文庫

あなたはこうして、いまあたしのために泣いてくれてるじゃない。もう、それだけで十分……。もう、泣かないで。神様だから、世界を守るんじゃ、ないでしょ。

部内のいざこざで分裂し立ち上がった第二文芸部。そこに集った部員は中二病全開 ...