ライトノベル, 読書感想, オーバーラップ文庫

「俺は、『神』になったぞ! 」――“神成りの儀”を無事成功させた八坂信輝は念願の神の力を手に入れたはずだった――だが、よくよく聞くと神は人々から信仰されないと、この世から消滅してしまうらしい。
しかも、楽しいはずの ...