うそなんて言わないで

このページは約 11分38秒で読めます。

葵惑星さんから寄稿いただいた、Kanon SSです。

気持ちのいい日差し。

吹きぬける暖かい風。

そんな日はなにかが起こるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

<うそなんて言わないで>

複雑な表情の少年が一人、春の日差しを浴びて歩を進める。
北川潤だ。

(わざわざ電話してくるなんて……)

そう、ついさっき北川は電話を受けたのだ。
それも――。

(美坂が休みの日に呼び出すなんてなぁ……)

北川に香里が電話をしてくるなんてことは、めったにないことであった。
それが逆に、北川の心中を複雑にさせていた。
そんな、緊張と不安が入り混じる中、北川は約束の場所へと到着する。

「まだきてないみたいだな」

北川は待ち合わせ場所である駅前を一通り見回してから、近くにあったベンチに腰をおろした。

――その頃、そんな北川を影で監視する人物。

「おい!北川のやつきたぞ!」
「ねー、可哀想だよ、北川君」

相沢祐一と水瀬名雪の両名である。

「いいんだよ。どうせあいつも暇してたんだろうから」
「わたしはやめた方がいいと思うけどな」

祐一の言葉に、名雪は軽く反論する。
が、今の祐一にはそんな名雪の声は入っていない。

「ところで香里はどうした?」
「遅いね」

二人は時計に目をやる。
待ち合わせ時間はとうに過ぎていた。
と、その時だ。

「あっ、祐一、香里がきたよ」

名雪が指差したその方向には、確かに香里の姿があった。
心なしか少し落ちつきがないように見える。

「あいつ緊張してやがんな」
「無理もないよ」
「確かにな」

祐一はそう言うと、いたずらっぽく笑った。

舞台は再び北川と香里へ戻る。

「ごめんね。呼び出したのに遅刻しちゃって」

少し息の切れた声で、香里はベンチに座る北川に言った。

「ん?いや、いいんだ。どうせオレも暇だったからさ」

北川は笑いながらそう言うと、ベンチから腰を上げた。
そして香里の横に立つ。

「でっ、話って?」
「うっ、うん。ちょっと歩かない?」
「ああ、別にいいけど」

そして二人は歩きだした。
北川の表情も、香里の表情もなぜだか固まったままだった。
そして、その事実を知る者は――。

「おい!名雪行くぞ!」
「うっ、うん」

妙に血色のいい顔で、少し俯きかげんの名雪に祐一は言う。
今回の計画を仕組んだのは、すべてこの男だ。

「この後、噴水の公園に行って、そこで――」

くくっ、と一人で祐一は笑う。
それを困った顔で名雪が見つめていた。

(香里もどうして断らなかったんだろ)

名雪はそんなことを考えつつも、前を行く祐一の後を追った。

――桜並木――。
とはいい難い、七分咲きの桜の下を二人は横に並んで歩く。
会話といえば、一言二言。
どう考えても、いつもと同じ雰囲気ではなかった。

(なんなんだ、この雰囲気は……。もしかして――)
(どうしよう。簡単に引き受けちゃったけど……。失敗したな――)

考えていることは違ってはいたが、この特別な雰囲気を作り出すには十分だった。

「そろそろ桜も咲くな」

空気の重さに耐えられなくなった北川が口を開いた。
それに香里もはっ、となって答える。

「そっ、そうね」

少しばかり声が上ずってしまった。
しまった、と香里は思ったが、別段北川もわからなかったようだ。

「今日から四月だもんな」
「早いものね……」

軽く目を細めながら北川が言った。
その表情に、香里は少しばかり戸惑ってしまった。

「おっ、公園があるぜ。どうする?」
「うん。ここでいいわ」

そして二人は公園の中へと入っていった。
どことなく優しい景色が広がる、そんな公園の中へと――。

――草むらの中。
二人が公園へ入るのを確認した、祐一と名雪が身を潜めている。

「祐一、やっぱりやめない?」
「なにを今更。ここまできたんだ。もう止められないぜ」

祐一は噴水の回りに腰掛けている、北川と香里に目を向けながら言った。

「でも、香里も北川君も可哀想だよ……」
「いや、大丈夫だ」

どこからその自信がくるのか……。
はぁ、と大きくため息をついて、名雪も二人に目を向けた。

――噴水の回りに腰をおろした二人。
なんとなくだが緊張した表情が読み取れる。
そんな中、先に口を開いたのは北川だった。

「美坂と二人っきりでしゃべるのって、初めてじゃないか?」

無理に笑顔を作って言うが、声は笑っていない。

「なんだか馬鹿みたいに緊張しちまうな」

ははっ、と笑ってみせる。
はっきりいって今の北川に余裕はない。
心臓の音は、今までにないくらい高鳴っていた。

「あのね……」

と、ここでとうとう香里が口を開いた。
北川の顔を見るのではなく、じっと地面を見つめながら。

「今日、北川君を呼んだのは……」

息を呑む北川。
彼もまた地面を一点に見つめている。
そして膝上で握られたこぶしには、べっとりと汗を掻いていた。

「あたしね、ずっと――」

と、香里が少し言いかけたところで北川が声をかぶせた。

「ちょっと待ってくれ」

香里は少し驚いて、北川へと視線を向ける。
北川はなおも地面を見つめたままだ。

「いい機会だから、言わしてくれ」

それに香里が答える前に、北川は話を始めた。

「オレはさ、ずっと美坂のことが好きだったんだ。うん。ずっとな……」

たんたんとした調子で北川は話す。

「だけど、オレは勇気がないから……」

北川はそこで、顔を上げる。
そして香里の視線と、自分の視線を交差させた。

「美坂、もしよかったら、オレと付き合ってくれないか?」
「「「えっ……?」」」

香里は思わず声を出してしまっていた。
いや、香里だけじゃない。
祐一と名雪も反射的に声を出していた。

「駄目かな?」

北川は言う。
その姿はどこか大きくも見えた。
ついさっきまで緊張していた姿は、もうそこにはなかった。

「美坂……」
「…………」
「えっ?」
「……しも………」

聞き取れないくらい小さな声。

「あたしも………好きだった……」

香里は静かにそう言った。
北川はしばらく固まったままだ。
そんな北川に香里が笑いかける。

「あたしが今日言いたかったことっていうのは、それよ」

口元に笑みを浮かべながら、香里はそう言った。

「今日から高校三年。よろしくね、北川君」

そう言うと、固まったままの北川の頬に軽くキスをした。
固まった北川の顔が、みるみる赤くなっていく。
それを香里は優しい笑顔で見つめていた――。

――七分咲きの桜並木。
複雑な表情で歩く祐一と、笑顔いっぱいで歩く名雪。

「なんだか知らないけど、いい結末だったんじゃない?」

名雪は笑顔のまま祐一に言う。

「まぁ……な。あいつら見てたら、エイプリルフールだぞ、なんて言えなくなっちまったよ」

苦笑しながら祐一は言う。

「それにしても、香里のやつ。本当に北川のこと好きだったとはな」
「ねー、ちょっとびっくりしたよ」
「俺の計画だと、嘘で告白するって予定だったんだが……」
「あれはどう考えても本音だよね」
「ああ」

さっきの二人を思い出しながら、祐一と名雪は言った。

「案外、今日がエイプリルフールだからこそ言えたのかもな」
「えっ?どういうこと?」

名雪が祐一の顔を覗きこむ。
それに祐一は笑顔で言った。

「嘘の中に本音がまぎれてるってことだよ」

そう言って、名雪のおでこに軽くキスをする。

「あっ、それ嘘のキスだから」
「祐一~~~!」

 

 

 

桜はまだ七分咲き。

 

これからだね。

 

これからだよね。

 

 

 

 

 

後書き

どうも、葵惑星です♪
どうでしょうか?
エイプリルフールのお話です。
最終的にハッピーエンドにもっていきたかったので、こうしましたが……。
俺的には、悪い設定じゃあないと思っています。
少しばかり七分咲きの桜も引っ掛けたりして(^^;

三人称もいいですね。
キャラを動かしやすいっていうのがあります。

それでわ~♪

                           4月1日 葵惑星

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to うそなんて言わないで

Still quiet here.

Comments are closed.