SS, Kanon

現実は時として余りに無慈悲なものだ。
どれだけの願いも、祈りも、ただその流れの中では風化して記憶の中に閉じ込められてしまうから。
夢見るような幸せな時間は、やはり夢でしかなかったと、諦めの中で何度思い知らされた事だろう ...

SS, Kanon

ようやく慣れたと思ったこの寒さも、少しずつ和らぎ始めていた。

広がる青空と優しい陽光を放つ温かな太陽。

七年ぶりに迎えたこの街のこの冬は俺の心に悲しい記憶を刻んだだけだった。

けれど、それは終わりの ...

SS, Kanon

日毎に深まる冬を実感させるかのように、木枯らしが吹き抜けて行きます。時間はその歩みを止める事なく、川の水面のようにただ静かに、ゆっくりと、想い出と共に流れて行きます。

この街に生まれ、様々な出逢いと別れを繰り返して来ました ...

SS, Kanon

冷たい風が吹き抜けて、私は少し身を震わせ道を歩く。うっすらと降り積もった白い粉雪に、私は足跡を刻みながらゆっくりと進む。

寒いけれど、それは決して嫌な寒さではなくて。

何故か、この身を切るような痛さにも似た冷気 ...

SS, Kanon

…say Happy Birthday to

――雪。

季節の巡りは早くて。

残して来た想いはまだあの瞬間に置き去りにされたまま。

ただ、時間だけが過ぎて。

ただ ...

SS, Kanon

「うぐぅ~」

遅れちゃうよっ。

きっと怒ってるよっ。

今日もいい天気。

青い空がどこまでも広がる……、そんな気持ちのいい初冬の午後。

息を切らせて駆けるボク。

弾 ...

SS, Kanon

『夢を見ていた』

『とても仲のいい姉妹の夢』

『姉は、誰よりも妹のことを可愛がっていた』

『妹は、そんな姉が大好きだった』

『一緒の制服に身を包んで……』

『同じ学校に通って ...

SS, Kanon

夢みたいだよ。

今、こうしてキミと同じ時を過ごしているなんて。

もう、こんな風に君の温もりを感じることなんてできないと思っていたから。

嬉しいよ。

とっても。

幸せだよ。

SS, Kanon

『星夜の夜想曲』

夜、ふと目を覚ましました。
夜明けにはまだ時間のある薄暗い闇の降りた部屋。
カーテン越しに見える微かな明るみは、雪の白さ? 街灯の灯火?
うっすらと室内に差し込む光は、月の煌めき? ...

SS, Kanon

ん……。

ぽかぽか。

ふわふわ。

あったかいよ。

気持ちいいよ。

お日さまの匂い。

そして。

わたしの大好きな……。

-Short Sho ...