ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

おっさんの存在が自分の中から消え去りそうになったあのとき、「このままじゃ無責任だ!」的なことをおっさんに訴えた。そんな一瞬の気の迷い をどこかの誰かが聞いていたのか、おっさん自身がそれを可能にしたのか、とにかく僕の中に留まった――記憶 ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

ガユスとギギナをはじめとするエリダナの攻性咒式士たちは、生き残りを賭け、最後の勝負に出る。使徒殺しのアンヘリオと、彼からペトレリカを奪取した拳豪カジフチ、最強を争う両者は再度激突。パンハイマの身体を乗っ取った血刀ブラージェモに、好機を ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

突如現れた“見えない壁”により、“人喰いの化け物”が徘徊する学校に取り残されてしまった斗和たち。生徒たちが次々と捕食され、無惨な死を遂げていくなか、ついには斗和自身も化け物に捕獲されてしまう。だが、そのとき新たな変化が巻き起こる――! ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

誰かを選ぶということは、選ばなかった誰かを犠牲にするということだ――。
ある日の放課後、高校生の斗和は、仲のよい2人のクラスメイトから同時に告白を受ける。どちらを選ぶか、斗和の中で答えは出ていた。
だが、平穏な日常は唐 ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

京都への修学旅行を前に、どこか浮き足立つクラスの雰囲気。
文化祭以来、教室内でさらに微妙な立ち位置になった八幡だったが、最初から地位なんてないようなもんだしな、と我関せず。
ところが、奉仕部に持ちかけられた意外な人物か ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

壊滅状態となったクスノキの里の人口は激減しました。そんななか、わたしの祖父は、好事家の貴族に誘われて旅行に出かけてしまいます。行き先は――月。念のため、丸まり状態の妖精さんをひとりお供につけたものの、心配で不眠症になってしまったわたし ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

新学期が始まってからの八幡は、どこか調子がおかしい。クラスでも、部活でも……。雪乃への疑問は消えないまま、そしてそれを問わないまま……前に進まず、後戻りも出来ない二人、雪ノ下雪乃と比企谷八幡。決して近づかない不変の距離感に変化は訪れる ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

群れない、期待しない、押してダメなら諦めろ――。人間関係において間違った悟りの境地に達し、孤高を貫く“ぼっちの達人”八幡のスルースキルをもってしても、見過ごせない、やり過ごせない事実が雪乃、結衣、八幡の3人の関係を少しずつ ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

夏休み。誰とも会わず、遊ばず、働かず。一人悠々自適な生活を送る八幡だが、平塚先生から招集がかかり、奉仕部として雪乃や結衣たちとともにキャンプ場でのボランティアを強制される。
「みんな仲良く」なんてできるわけがない!? 夏は、ぼ ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

日々は相変わらず。友達もなく、彼女もなく、孤高の学園生活……のはずが、八幡の中に生じた慣れない居心地の悪さ。それはやはり、部室にいない一人の女子が原因なのか……。誤った方向に力強く暴走するキャラたちに囲まれて、奉仕部の日常は戻ってくる ...