終わりのクロニクル 3〈下〉

このページは約 53秒で読めます。

終わりのクロニクル (3下)読了。

新庄たんがどんどん佐山時空に捕らわれていくよう。なんかブッチ切りのバカップルと化しつつありますが、締めるときはちゃんと締めてるあたりいい感じです。

正逆の人として互いに不可分な存在になりつつあるということですかね。

まぁ、出雲・風見コンビのドタバタぶりも、飛場少年・御影コンビのほほえましさも、素晴らしいものですが。

全竜交渉もようやく3rd-Gまで来ましたが、まだまだ先は長いし、ついに本格的に舞台に上がり始めた“軍”の動向も気になります。

ようやく追いついたけど今度は待たされる番かぁ。このボリュームだと第4話も凄いことになりそうだなぁ。

作中でも重要なポジションで活躍した京嬢、とてもいいキャラでした。伏線の張り方も見事。先が気になるシリーズですね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 終わりのクロニクル 3〈下〉

Still quiet here.

Comments are closed.