涼宮ハルヒの溜息

このページは約 1分24秒で読めます。

涼宮ハルヒの溜息読了。

表紙のみくるさん、えろいですね、ハァハァ(;´Д`)

前巻「涼宮ハルヒの憂鬱」に比べると、インパクトが格段に落ちているような印象。とにもかくにもヒロインのハルヒが序盤~中盤にかけて、あまりな傍若無人振りを発揮していたのがどうにも苦手。あわせて、古泉少年の慇懃無礼さもトサカに来たというか。なんとなく、作者の狙い通りに感情を励起させられてる気がしないのでもないのですが、前巻ほど楽しめなかったかなと。

世界に対する概念的な会話は面白いんですけど、意外にありきたりな議論かなとも思ったり。

物語の最後を、ああいう落ちで締めるというのは、自らが小説という媒体を採っている場合は、諸刃の剣だなぁと。物語世界内のキャラクターにおける認識と、我々読者に対する認識とという二重の意味でのトリックですか。しかし、夢オチをミステリとかって言って、ミステリファンは怒ったりしないのでしょうか(^^; いや、ここまでやると、それすらも狙いに思えてしまうんですが。

キョンの言うことに対して、渋々ながらも従ってしまうハルヒさんは、意外に可愛いと思ったり。最後の「お遊び」のコメントは、それまで溜まっていた鬱憤を解消するには十分だったような。なんだかんだで、さわやかに終わってくれたのは良かったかな。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 涼宮ハルヒの溜息

Still quiet here.

Comments are closed.