ブギーポップ・パラドックス ハートレス・レッド

このページは約 49秒で読めます。

ブギーポップ・パラドックス ハートレス・レッド読了。

凪が「炎の魔女」と呼ばれるようになるきっかけを作った人物とのエピソード。小狡い策を弄する敵の最期は惨めなものというお約束に漏れず、フェイルセイフも、その結末は悲しいくらいに、あっさりと、静かなものでしたね。もっとも、彼の歪みまくった性格は、ブギーポップならずしても敵と認識するに十分なものでしたが。

どうにも、前巻で出てきた顕子嬢と、本作で出てきた顕子嬢が同一人物とはとても思えず。イマジネーター=透子の影響下にあるからこその行動だったのか、それともエンブリオで見せた彼女の行動は演技だったのか、謎ですね。だからこそ、この絡み合った人間関係が面白くもあるのですが。

でも、それがだんだん把握できなくなってきているのは内緒だ(^^;

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to ブギーポップ・パラドックス ハートレス・レッド

Still quiet here.

Comments are closed.