灼眼のシャナ (11)

このページは約 23秒で読めます。

灼眼のシャナ (11)読了。

学園祭という一大イベントで盛り上がるシャナと吉田さん。

その背後で粛々と進行する様々な思惑と、迫り来るその時。次巻へと続く様々な布石が見え隠れしますが、素直に学園祭という非日常に浮かれる面々を楽しむのが吉でしょう。もう、こういう穏やかな日常を見られるかどうかが怪しくなってきましたからね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 灼眼のシャナ (11)

Still quiet here.

Comments are closed.