オルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランス

このページは約 1分19秒で読めます。

オルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランス読了。

なんかすごい久々に読んだ気がします。過去の話忘れてるなぁ。ここまで登場人物が増えてる作品は、やはりあらすじがほしい。というか、ファンサイトとかで復習しろと?

物語は停滞し、同一時間軸の別視点で、新たな役者たちがなんやかんややってたり。実際この調子でやってたら、終わりはいつまでも来ないのではないかと思ったり。それこそ、”世界の敵”は誰が望まなくても後から後から泡のように生まれてくるわけで、自動的なブギーポップの迎撃を書いててもそれなりに面白い話はできそう。

また、統和機構に敵対しようとするグループも、いくつか出てきてますが、結局内偵されていたり、問答無用の圧倒的火力で殲滅されたりと、世界の背後のシステムに挑む人間たちの勝利する姿が満足に拝めていないのも皮肉ですね。個人のあがき程度では、世界は打倒し得ないという、現実的な解ですが、それを覆すカタルシスも期待したいというのは欲張りかな。

本作で主役を張った貞夫と春海は、ブギーポップに敵対しながらも、最後まで負けず、静かな幕引きをしたのが印象的。悲劇的ではあるのですが、冷酷で無慈悲な死神に対し、してやったりと思わせつつ退場していった二人の絆う美しいと感じずにはいられません。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to オルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランス

Still quiet here.

Comments are closed.