あんでっど★ばにすた!〈2〉

このページは約 1分50秒で読めます。

stars コシヌケヒロインに愛の手を!

真尋に迫る青い性の誘惑(笑)と、前巻のラストで救われたセフィラと、彼女の第一の友人となった冬子の登校シーンから幕を開ける物語。一匹狼を気取って、真尋以外の誰とも友人らしい関わりを持つことができなかった冬子の、セフィラとの距離感の取り方に戸惑う様が新鮮で、けれど眩しく映ります。
で、登場したのはいかにも訳ありなお嬢さま・東城小弓。冬子との間に漂う険悪な空気を隠そうともせず、真尋に言い寄る彼女には狙いがあって……。

そんなこんなの鈴木鈴新シリーズ第2弾。黒い話を書く作家という印象が未だに拭い去ることができませんが、今回もラブコメ寄りの展開で、ドタバタが楽しい感じのエピソードでした。セフィラと冬子の、対真尋戦略会議で、冬子が面白いようにコシヌケ呼ばわりされるシーンは痛快で笑えるし、そもそも冬子自身が傍若無人を絵に描いたような粗忽で凶暴な性格なのに、こと、真尋絡みではどうしようもなく臆病になってしまうのも可愛らしい。もう、今後もこの路線で行ってほしいかと。

中盤以降には、リシュエルとアルベルクの剣呑なやりとりやら、それこそ命の危険が確実に迫り来るという緊迫した対決シーンなどもありつつ、トンデモな決着で一件落着? まさかここまでコメディ寄せしてくるとは予想の斜め上。

ただ、封じられたセフィラの記憶の残滓や、リシュエルがひた隠しにする瘴主という存在の意味、そこはかとなく黒い要素も漂わせているので、今後作風が豹変しても驚かない自信だけは付いてたりましますね。

hReview by ゆーいち , 2007/06/24

あんでっど★ばにすた!〈2〉

あんでっど★ばにすた! 2 (2)
鈴木 鈴
メディアワークス 2007-05
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to あんでっど★ばにすた!〈2〉

Still quiet here.

Comments are closed.