世界でいちばんNGな恋

このページは約 3分48秒で読めます。

stars 期待通りで大満足! な一作

1周目

なんか理よろしく優柔不断な選択してったら美都子ノーマルエンドっぽいラスト。
ああ、なんとも痛い痛い痛い。だがそれがいい。

というか、こういうダメな大人で、そのくせ辺に成熟しきってしまってる主人公は、年齢が近いせいか、いろいろと思い出させられて必要以上に刺さる。うん、「刺さる」って表現はとても合う。

で、前作もそうだったけど、丸戸氏が手がけた作品でもかなりドロドロ方面。HERMITのカラーというか、逆に戯画とかだとブランドイメージの都合で、パルフェ・ショコラみたいな作品が生まれたのかなとか思ったり。どちらのカラーも非常に好きだけど、作品を重ねるごとに円熟していく丸戸氏のテキストに感服。いやいや、楽しいねー。

とりあえず、ちゃんとしたエンディングに辿り着きたいなと。修羅場のシーンの数々は大変美味しゅうございました。まだまだ楽しめそうです。期待通り。

2周目

夏夜ルート読了。
ダメな男とダメな女の顛末でした。

でも、エピローグ後も一悶着どころじゃなくて、問題山積。
まぁ、ラストの微妙な三角関係が見事な膠着状態で、三すくみだけれども、いつでも壊れかねない危うさがあるなあ。

夏夜の何処までも甘えさせてくるキャラクターはかなり好きなんだけど。ただ、やっぱり理との取り合わせというのは、いろいろな意味でダメダメなんじゃないか(笑) ああ、甘えられてー(笑)

3周目

麻実ルート読了。

実都子ルートを先に読んで知ってしまった、麻実の抱える爆弾についての件についてはノーコメント。
前妻と後妻、いやさ嫁と姑の確執ってか。
とりあえず、またダメなひとたちだったなあ。それがいいんだけど。

ヒロインのひとりがのっぴきならない事情を抱え、それが主人公の人生に大きく関わっているという構成は、丸戸氏お得意の展開ではあるけれど、今回も重い割りには、それを引きずっている感が少ない。というか、あのラストの姦しさはなんなのか。大変よろしい。終盤の駆け足加減とか構成はいまいちな感じだけれども。

さてさて、あらかた伏線は張られまくったかな。あとはしっかり回収していくとしますか。

4周目

姫緒ルート読了。

なんとも不器用なお嬢さま。悪辣と言われる父親との対決の結末、それ自体はなんとも軟着陸というか予定調和というか。
あ、あと修羅場度がやや低め? っていうか、相思相愛どころの話じゃないなから、3人で幸せになる未来予想図は間違いじゃないと思うんだ。
まぁ、それこそ、さらに世間から後ろ指指されまくることになるけれども(笑)

5周目

美都子ルートをたどり直して、真エンディングに到着。これにてコンプリート。
最後の最後で幸せ掴めたふたりに祝福を。
なんだかんだで、1回目のラストで残されたわだかまりを綺麗に解消してくれたかな。先生とか未練たらたらな方々もいらっしゃいますががが。

ってことで、なんともステキな物語でした。年の差はねのけ、道徳押しのけ、倫理の壁を打ち砕いて……って書くとトンデモな感じだけど。
ダメな大人達の中で、もっとも子どもだった美都子が、一番女だったって言うのは何とも皮肉というか。彼女の嫉妬の矢面に立った方々もご愁傷さま。ま、終わりよければ全てよし。そんな感じで大変楽しめた一作でした。ごちそうさま。

で、HERMITの次作はまた2年後くらいですかね。

hReview by ゆーいち , 2007/12/08

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 世界でいちばんNGな恋

Still quiet here.

Comments are closed.