死神ナッツと絶交デイズ

このページは約 1分56秒で読めます。

stars なんでもできる。なんだってできる。信じることからぜんぶ始まる。

夜の学校に現れる自称・死神のウォルナッツと無駄話を楽しむホローこと小石川幌右。クラスの席替えをきっかけに話し始めるようになった詩夏と、彼女の親友である夜空と仲良くなっていく。けれど、ウォルナッツは予言する「近日中に、人が死ぬ」と。その言葉の本当の意味をホローが知ったとき、世界を定める選択肢は、彼の手に委ねられた。

詩夏と夜空、ふたりのうちひとりしか助けられないとしたら。そして、その選択を自分がしなければいけないとしたら。そんな無茶を突きつけられたホローが、定められた未来に対して抗うお話。

何が面倒って、詩夏と夜空、お互いがお互いのために自分が犠牲となることを厭わないとか、聖人君子かってくらいの自己犠牲精神。けど、ホローは、そのどちらかが欠けてしまった未来を知っているからこそ、それではダメだとウォルナッツの助言を元に、誰もが幸せになれる第三の選択を目指してあがいていく。いいですねえ。未来は自分の手でつかみ取るなんて、青臭い精神論ですが、いくつもの失敗と諦めを乗り越えて、運命をたぐり寄せる、お約束だけど、綺麗に決まってればそれはそれで良いのです。

あくまで傍観者的な立ち位置で助言するしかなかったウォルナッツが、かなり割を食った役を演じてるけれど、ラストは彼女のその後も含めて気持ちのいい終わり方。けれど、ホローに託された新たな選択は、これまた一筋縄ではいかないけれど、二者択一なんかじゃなくて、YOU! 両方選んじゃいなYO! なハーレムエンドでも別に良いんじゃないですか?

hReview by ゆーいち , 2008/06/02

死神ナッツと絶交デイズ

死神ナッツと絶交デイズ (MF文庫 J は 4-2)
早矢塚 かつや
メディアファクトリー 2008-05-21
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 死神ナッツと絶交デイズ

Still quiet here.

Comments are closed.