オオカミさんととっても乙女な分福茶釜

このページは約 2分22秒で読めます。

stars 涼子さんがいなかったら、今のおれはないっスからね。だから大事にしたいんスよ。

いよいよ始まる御伽学園大文化祭。開催を目前に控えたある日、御伽銀行に助力を請うてきたのは訳あり美人の田貫さん。気になる和尚さんとの恋の仲介に、協力しましょうとおおかみさんたち。田貫さんの事情のおかげで、亮士くんも大変身? バカ騒ぎのお祭りモード、大文化祭の日々をとくとご覧あれ。

いやぁ、お祭り騒ぎは楽しい楽しい。

文化祭という一大イベントを前に東奔西走する御伽銀行の面々。まぁ、出番が多いのは主人公な亮士くんやおおかみさんだったりしますが、新キャラ登場や懐かしい顔の再登場もあったりと、まさにお祭り! なエピソード満載の1冊でしたね。

男を上げていく亮士くんと、そんな彼を認めつつもなかなか嘘の毛皮を脱ぎ捨てられないおおかみさん。ふたりの距離のもどかしいくらいの縮まらない様子には相も変わらずやきもきさせられますが、対人恐怖症を克服しつつある彼の、真っ直ぐな物言いは何かにつけておおかみさんを赤面させるわ喜ばせるわと、かつてのヘタれと呼ばれまくった頃とは別人のような成長ぶり。

そのおかげかいじられ具合もだんだん増していって、今回は人助けのためとはいえ男の娘に変身したりと……。この頭取さん、かつてないノリノリ振りであった(笑)

そして、一方の根は乙女(?)なおおかみさん。だんだんと周囲に張り巡らせていたバリアも弱まっていってるのか、クラスメイトからの受け入れられつつあったりと、彼女もまた亮士くんとの出会いで大きく変わっていってますね。言葉にできない本心を、彼に伝えるにはまだまだ気の長い時間がかかりそうだけれど、ナイスなコンビネーションを見せてくれたりと心の距離はどんどんと縮まっていってる感じ。良い雰囲気が長く続かなかったり緊張の余り暴れたりと、甘い関係は夢のまた夢ですが、そんな彼女を見ているのもまた楽しいと思うのですよね。

おおかみさん、かわいいよ、おおかみさん。

hReview by ゆーいち , 2009/05/24

オオカミさんととっても乙女な分福茶釜

オオカミさんととっても乙女な分福茶釜 (電撃文庫)
沖田 雅
アスキーメディアワークス 2009-05-10
Amazon | bk1
スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to オオカミさんととっても乙女な分福茶釜

Still quiet here.

Comments are closed.