IS〈インフィニット・ストラトス〉 8

このページは約 5分29秒で読めます。

stars かかってこい。お前の目の前にいるのは初代ブリュンヒルデだぞ、世界で初めて最強の名を手にした女だ。全身全霊をもって挑むがいい、一兵士ソルジャー

IS〈インフィニット・ストラトス〉 8  書影大

「だっ……大好き……! 」
対IS用IS『ゴーレムIII』による襲撃事件後に一夏へ告白した簪。
箒たち女子は告白に対する一夏の反応が気になって仕方がない。
一方、事件のダメージがまだ癒えぬIS学園では、それぞれの専用機がメンテナンスを余儀なくされ、一夏は『白式』と共にその開発元である倉持技研に向かう…。再び学園に忍び寄る黒い陰謀。
黒鍵とは?ワールド・パージとは?
そしてヒロインたちの一夏への想いはいよいよ高まっていく!
新たなステージを疾走するハイスピード学園バトルラブコメ、待望の第8弾、満を持して登場!

待望の最新刊ようやく登場。出版社もイラストも変わって、初見だとそうだと分からないのはアレですが、中身はいつも通りだったというのは良いのやら悪いのやら。CHOCOさんの絵柄と、内容のライトさが今のところはミスマッチで違和感ですが、そのうち慣れてくるのかなあ。既刊のリニューアル版については、加筆修正ないようなのでスルーしてますが。

それと、せめて前巻までのあらすじくらいは欲しかったかも。さすがにここから入る読者はいないでしょうけれど、すっかり話を忘れていると、おさらいしたくなる気持ちもありますね。そういえば、敵対勢力登場して、一夏と千冬の血縁めいたキャラも登場したいたなあと、終盤になって思い出しました。というか、そこまで彼女の出番がないとかやっぱり構成がどこかおかしい。

まぁ、このノリこそが、ISといえばそうなんですが、肌色成分多めですねえ。IS学園が敵の手による襲撃を受け、危機感バリバリのはずなのに、なぜか一夏とヒロインたちは電脳世界でキャッキャウフフ。おいおい、妄想の世界に隔離することこそが、ワールドパージですかと、何やら重要そうな用語の意味が割と脱力モノだったのを知ると微妙な気持ちになってしまいますね。思わせぶりな単語をちりばめておきながら、物語に関わる割合がすこぶる低いとか……あ、今に始まったことじゃなかったか。

個人的にはもっとバトルに力を入れて欲しいんですよね。ラブコメ要素が大きすぎて、ISバトルの描写が逆にあっさり風味なのに不満を覚えてしまいます。通常兵器との戦力差が圧倒的すぎるから、描写するだけ無駄なんだろうという判断が見えますが、そういう地道な積み重ねで世界観は築かれるものだろうから、とてもすごい、強い、じゃあ物足りなくなってしまいます。それと、肌色パラダイスの様子を言葉では言い表せないとかで逃げるとか、あの、この本、小説ですよねーとツッコミ入れたくなります(笑)

そんな中でバトル要素を一人で背負って立った最強の一角・千冬さん。表紙になってるし見せ場もさすがに多かったですね。というか生身でISと渡り合うとか、彼女がどんだけオーバースペックなのか、それとも、相対したISパイロットが雑魚いのか判断に悩みます。が、千冬を相手にしたら、他の専用機乗りもあっさり下されそうなだけに、彼女と、そして束さんの規格外すぎる強さはもはや冗談の域ではないかと。友人でありながら、敵対する構図になっているこの両者、思惑が完全に明らかになっていませんが、力を持ちながらも今の立場での限界に歯がみする千冬さんと、フリーダムに好き勝手絶頂に振る舞う束さん目指すところがおぼろげながらも見えつつありますねえ。ISという存在を巡る世界の思惑の中でそれぞれの立場で向かい合ってるように見えますが、そこから何を望むのか、本音が見えない二人なだけに話を早く先に進めてほしくなりますね。

一方の一夏とヒロインたちのいちゃつきぶりは加速の一方だなあ。カラー口絵のサービスシーンは眼福だし。それなんてエロゲな妄想シーンも、今までの巻以上にえろえろな感じで、もう、ずっとハーレムにいればいいじゃないとか思ってしまいます。何気に攻略されれてそうな、生徒会長の楯無さんとかもがんがん攻めてきてるし、1冊でみんなに見せ場を作るのはそろそろ物量的な限界が見えてきてそう(笑) それはそれとして、楯無さんの噛ませっぷりにさらに磨きがかかっていて泣ける。彼女、油断しなければ基本強いはずなのに、話の都合でやられっぱなしで不憫だなあ……。

再始動と銘打って再刊行開始のIS。話の進みがさっぱり遅い点くらいは改善して欲しかったというのが正直なところですね。亡国機業とか登場してから結構経つけど、裏で動くだけで本格的な対決まではまだ時間がかかるんだろうなあ。マドカの存在も、束との邂逅を経てようやく強敵としての価値が出てきそうだし、次巻では思い切った展開を見てみたいですよ。

あと、あとがきがひどすぎるので、読まない方がいい気がします。というか、さすがにこれは……あんまりだ。

hReview by ゆーいち , 2013/04/24

IS〈インフィニット・ストラトス〉 8

IS〈インフィニット・ストラトス〉 8 (オーバーラップ文庫)
弓弦イズル CHOCO
オーバーラップ 2013-04-24

    スポンサーリンク

    Trackback URL

    No Trackback to IS〈インフィニット・ストラトス〉 8

    Still quiet here.

    Comments are closed.