学校を出よう!

2008年9月4日

学校を出よう!―Escape from The School読了。

物語の展開にややご都合主義な部分が見られるのが、好みが別れそうな気がしますね。後半部分に至っては、展開にあわせてキャラクターの設定を作っていたのではと思えるような節が。もっとも、この作品世界の構築の妙は十分に評価できるものでもあり、一癖二癖ある登場人物達も底の知れなさを残したまま引きを迎えるので、続刊に手を出したくなるのではありますが。

スポンサーリンク