バイトでウィザード―流れよ光、と魔女は言った

2005年4月25日

バイトでウィザード―流れよ光、と魔女は言った読了。
だから確率を確立とtypoするなと。こういうあからさまな誤字はホントに気になりますね。第5版になってるのに修正されないというのは、一体どういうことなんでしょう。
ということで、大昔に発売されてるシリーズものの1巻ですが。ふむ、前述の誤字はともかく、お話的には嫌いではない展開ですね。主人公の兄妹が両極端な性格なので、なかなか感情移入できないのですが(^^;
最初の数ページ読んで、途中で中断することなく最後まで読めたので、作品の性格は、私に合ってそうな感じはします。
ただ、タイトルから受ける印象と、内容にややギャップがあるんじゃないかなぁとか要らぬ心配をしてみたり。どうにも万能っぷりな術の体系が、今一つ練り切れて内因じゃないかなぁとも思ったり。いきなり\なのは、さすがにやや興醒め。時系列的に考えると、確かにそうである必要があるんだろうけれども、感動という点においては、これはやっぱり醒めちゃったなぁ、と。
とりあえず、読む本全部なくなってしまったので、続刊買ってこようかな。