まどろむように君と―されど罪人は竜と踊る〈7〉

2005年7月8日

まどろむように君と―されど罪人は竜と踊る〈7〉 角川スニーカー文庫読了。

鬱度は抑えめ、ハチャメチャ度は倍増な、少しだけコメディよりのエピソードも含まれた短編集。やはりこの作品ならではのある種の不条理さ・やるせなさに満ちてはいますが、書き下ろしの二編は、そういった陰鬱さとは無縁の爽快感すら感じるくらいの勢いのある作品。

方や黒ジヴ様による虐殺劇、方や十二翼将勢揃いの超人バトル。あ、どちらもロクでもないエピソードだ。

それでも、今後の長編への中継ぎとしては、ガユスのジヴへの想いを一応は片付けたり、ギギナの過去話がほんの少し仄めかされたりと、伏線も良い具合に回収してくれています。

雰囲気的に、浮上した感もありますが、けれどやはり次巻以降では、また救いのない展開が待っているかと思うと、分かってはいても微妙な気分になってしまいますね。でも、読むのは止められないのですが。