サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄

2006年7月21日

サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄

読了。

え? な結末。最後まで読んで、クビキリサイクルと骨子が同じで配役の個性が大きく変わっただけという種明かしに、またしてやられた感たっぷり。

ちょっとわかりにくい謎解きだったけど、確かにトリックの部分は同じですな。首無しと目潰しの違いはあれど、個人の特徴が希薄になってしまえば入れ替わりは難しくないと。

相変わらず、哀川潤さんが美味しいところを持って行きすぎ。今回どんなふうに関わってくるかと思ったらめっちゃ根幹に関わってるし。最強万能な人は神様すら騙しきると語られてますが、その言に偽りなし。ジョーカーすぎて大好きです(笑)