灼眼のシャナ〈13〉

2006年10月6日

灼眼のシャナ〈13〉読了。

イマイチ盛り上がりに欠けた展開だったかな。これまで2巻を書けて描いてきた「永遠の二人」の顛末がああいう形で決着したのは、正直不完全燃焼感が募るばかり。ヘカテーの出陣とか、燃える要素もあったのに、そこが中途半端に片付けられて──というか、あれは話の都合か──、話がどんどん引き延ばされてるように感じてしまう。遅々として進まないとはこのことか。

まぁ、事後の坂井家のエピソードやら、その後の学校での日常の風景とか、久しく見かけてなかったような懐かしさも覚えますが、すでに覚悟を決めてしまった悠二にとって、それがすでに「諦めてしまっている」光景に見えてしまうことが、何よりも寂しいのかもしれません。