世界は悪魔で満ちている?〈2〉

2006年10月13日

世界は悪魔で満ちている?〈2〉読了。

前巻に引き続き登場人物はバカばっかり。勘違いと独善と自己中で暴走しまくるキャラのテンションに付いていけるかどうかが分かれ目。作者が地の文を語ってるようなメタメタな文はもう慣れました。芸風ということなんでしょう。

天使のおせっかいがうざくてうざくてしょうがないです。主人公ならずとも、こんなのに貼り付かれたら逃げ出したくなるだろうなぁと。本筋のイシダ嬢とのラブコメ要素が余計な闖入者のおかげで薄まってしまったのがさらに微妙さに拍車をかけてしまったような。

下ネタ系も使いどころを間違えなければそれなりに笑えるので、ヘタにシリアス方面へ話を持って行こうとしないで、この不条理ギャグな世界を突っ走ってくれた方が普通に楽しめるのかもしれません。