『ef – a fairy tale of the two.』の店頭デモのあり得ないクォリティに驚愕

まぁ、新海誠が監督をしてる時点で、過去のminori作品のムービーと同等以上のクォリティは期待できるのですが。
店頭販促用のデモムービーをDVDに変換する作業をしたのですが、や、見とれる見とれる。新海誠ほど逆光の表現や空の表現の巧みなアニメ監督はなかなかいないでしょうな。

惜しむらくは、一気にその名を馳せた某問い詰めな『Wind』や、その後の『はるのあしおと』から、大幅とまでいえるほどのクォリティアップが素人目に見えないので、インパクトがかつてほどないかもしれないということ。
まぁ、店頭では細かい部分までじっくりと鑑賞ってわけにもいかないでしょうから、後日雑誌に収録される(11/21発売のTECH GIANに体験版とかと一緒に付くとか)のを待ってエンドレス再生が吉かと。一足先に見ることができたのは役得でしたね。

しかし、このレベルの映像になってくると、VGAでは解像度が低すぎるという、わがままな要望も出てきます。ぜひともフルHDかHDクォリティのデータを本編か何かに収録してほしいところ。

いや、ホントきれーだわ、このムービー。主題歌も買うかなぁ。

スポンサーリンク