聖剣の刀鍛冶 #2 Blacksmith

2008年5月31日

stars 彼女の愛を、リサの想いを、そしてあなたの意志を鞘に収めたままにするな。

帝国・軍国・群集列国、そして独立交易都市の代表者による三国一都市会議が開かれる。通称『ヴァルヴァニル』対策会議。かつての忌まわしい戦争の名を冠するその会議で議題とされるのはルークの過去にも関わるとある強大な人外の「王」の存在。そして、セシリーは知る。ルークの過去を、リサの存在の意味を、そしてブラックスミスと呼ばれる刀鍛冶の名の由来を。

良い良い良い。これはまた、らしい展開でとても燃える。セシリーを中心とした、アリアとの戦友の絆だったり、ルークに対する微妙な感情の芽生えだったり、そして、リサと彼女の由来となった少女への思いの語られが大変好みの展開。

第2巻にして、いきなりこの世界の最大の秘密が明かされたり、ルークが打とうとしている刀の意味が分かったり、そして、セシリーの家名にもなにやら因縁が仄めかされたりと、濃い展開が堪能できました。

そして、当面の敵となるのか、これまでのエピソードで事件の原因となった黒幕も登場。どういう腹づもりで顔を見せたのか、彼の中に巣くっている憎悪や怨念の根幹に何があるのか、これまた一筋縄ではいかなさそう?

ともあれ、セシリーとルークの関係が、ニヤニヤできそうな感じに発展していって素晴らしい。決めるときはしっかりと決める、勇ましいおふたりさんですが、ときにはその少年らしい、少女らしい年相応の時間を楽しんでみても良いんじゃないですかね?

hReview by ゆーいち , 2008/05/31

聖剣の刀鍛冶 #2

聖剣の刀鍛冶 #2 (2) (MF文庫 J み 1-10)
三浦 勇雄
メディアファクトリー 2008-05