ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

――今、わたしは、あなたと同じように照れずにちゃんと笑えているかな、あいん?

行方不明となった父の部屋で、にこが見つけた指輪をはめたことで、彼女の元に現れたのは「神さま」を名乗る少女・あいんだった。にこと契ろうと迫るあいん ...