ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

昔から知っていた筈なんだ。誰かと関われば、いつかそういう事故が起こるって。分かってたはずで、だから私は人を拒んでいる筈だった。だけど、お前達みたいな変人がいたせいで。少し、油断した。迷惑をかけるんだ。私は存在しているだけで。お前達にも ...