ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

なあ、イヴ、聞いてもいいか? ぼくが存在したことに、意味はあったかな?

真っ暗闇の中で目覚めたぼくは、偶然手にした古い本から少女を召喚してしまった。イヴという名の高慢な少女はかつて世界を救った「伝説の戦乙女」であり、彼女を ...