ライトノベル, 読書感想, HJ文庫

――早くここまで登ってらっしゃい。あなたがプロポーズしてくれるときを待っているから。自分の力で、自分の才覚で、使用人の立場を抜けてちょうだい。

幸運の遺伝子を持つ少年と噂の大黒天は、借金1億円のカタに伊集院千早の専属メイド ...

ライトノベル, 読書感想, HJ文庫

僕は大黒天の生まれ変わりで、幸運なんだろ。千早ちゃんはきっと勝つよ。だって、幸運がそばにいるんだからさ。

1億円でお金持ちに「買われて」しまった大黒天(あまね)。でも彼を買ったのは小さいころ結婚の約束をした伊集院千早お嬢様 ...